「久保次第」 ビジャレアルで続く苦境、“我慢”と“結果”を現地紙要求「出場時間は得ている」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

リーグ戦で思うように結果が伴わない状況をスペイン紙がレポート

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、レンタル移籍1年目で試行錯誤の日々が続いている。UEFAヨーロッパリーグ(EL)では5試合で1得点3アシストを記録している一方で、リーガ・エスパニョーラでは全13試合に出場しながらノーゴールノーアシスト。レギュラー奪取に手が届かずにいるが、スペインメディアは「自分を勇気づけられるかはクボ次第」と報じている。

 スペイン挑戦2年目の久保は今季、保有元のレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍。現地時間13日のベティス戦では第7節カディス戦(0-0)以来6試合ぶり、今季2度目の先発出場となり、右サイドハーフに入った。

 前半5分に先制したビジャレアルは前半のうちに2人が負傷交代し、さらに後半6分にはベティスに同点弾を献上。久保は同10分、2人を引き付けたところでバックヒールのパスを繰り出し、DFマリオ・ガスパールへと通してみせたが、その3分後にナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼと交代になった。

 リーグ戦では全13試合に出場するも、トータルのプレー時間は291分。依然として、ノーゴール、ノーアシストが続いている状態だ。スペイン紙「AS」は「クボは耐える」との見出しで、現状をレポートしている。

「タケフサ・クボはビジャレアルに足場を築こうとしている。クボ本人とレアルが期待したほどの状況ではないが、それでも彼は出場時間を得ている。ベティス戦では約60分間プレーしたが、壮大なヒールパスなどいくつかのディテールを示した以外は目立たず、輝けなかった。ヨーロッパリーグでは1得点3アシスト。5試合でスタメンを務めているが、フル出場は2回しかない」

「AS」紙は、エルチェ戦のウナイ・エメリ監督のコメントも紹介。「これはプロセスだ。我々の試合を見ている人なら誰でも、適応するための軌跡があることを理解している。彼(クボ)には満足しているよ」という評価を受けて、記事では「自分を勇気づけられるかはクボ次第」とも伝えている。

 16日にはスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)1回戦でスペイン3部レイオアと対戦予定。出場機会を与えられれば、インパクトを残すパフォーマンスを見せたいところだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング