「極上ファンタジー」 久保建英、2度目のリーグ戦先発で繰り出した美技に現地紙称賛

ベティス戦にスタメン出場をしたビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ベティス戦にスタメン出場をしたビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

ベティスと1-1で引き分けたなか、後半10分に見せた意表を突くプレーにスペイン紙注目

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間13日、リーガ・エスパニョーラ第13節ベティス戦に先発出場し、後半13分までプレーした。チームは1-1で引き分けたなか、久保が後半に見せたバックヒールパスにスペインメディアは、「魅惑的なパス」「極上ファンタジー」と反響を呼んでいる。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 スペイン2年目の久保は今季、保有元のレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍。ベティス戦では第7節カディス戦(0-0)以来6試合ぶり、今季2度目の先発出場となり、右サイドハーフに入った。

 試合は前半5分にビジャレアルがDFパウ・トーレスのゴールで先制。しかし、ビジャレアルは前半のうちに2人が負傷交代することとなり、さらに後半6分にはベティスに同点弾を許してしまう。そして同13分、ウナイ・エメリ監督は久保を下げてMFサムエル・チュクウェゼを投入した。

 スペインメディアが注目しているのは、後半10分の久保のプレーだ。敵陣左サイドでボールを受け、相手選手にマークされながらもキープ。2人を引き付けたところでバックヒールのパスを繰り出し、DFマリオ・ガスパールへと通してみせた。ガスパールのクロスは中央の選手に合わなかったものの、相手の意表を突くプレーで好機につなげてみせた。

 スペイン紙「マルカ」は、「こういったことからクボはより多くの出場時間にふさわしい:拍車をかけての魅惑的なパス」と称賛。スペイン紙「AS」も「ランプをこする時、彼は最上級のプレーヤー:クボの極上ファンタジーのディテール」と評価している。

 華麗なスキルとアイデアを駆使して見せ場を作った久保。目に見えた結果こそ残せなかったが、アピールを続けていきたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング