「久保沈黙」 決定機逸の悔恨パフォーマンスに韓国メディアも言及「総力戦も…」

ビジャレアルの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

後半28分に決定機到来も相手GKバディアの好守に阻まれてゴールならず

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、現地時間6日のリーガ・エスパニョーラ第12節エルチェ戦(0-0)で途中出場したが、決定機を相手GKの好セーブに阻まれるなど得点には絡めなかった。そんななか、韓国メディアは「久保沈黙のビジャレアル」と報じている。

 ビジャレアルは右サイドハーフにナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ、左サイドハーフにMFアレックス・バエナを置く布陣でスタートを切ったものの、前半は小気味いい攻撃を仕掛けることができなかった。そこでウナイ・エメリ監督は早めに動き、ハーフタイム後からチュクウェゼに代えて久保、バエナに代えてスペイン代表FWパコ・アルカセルの2枚替えを決断した。

 その中で久保は後半17分に右サイドで自ら仕掛けてペナルティーエリア内で倒れたものの、ファウル判定は下されず。その後もたびたび攻撃を仕掛けるなかで、最大の決定機が訪れたのは同28分だった。

 スペイン代表FWジェラール・モレノ、同MFダニエル・パレホと繋がったパスから久保が相手マーカーのチェックを受けながら、とっさの判断でトゥキック気味の左足シュートを放った。グラウンダーでゴール右隅をついたかに見えた一撃だったが、相手GKエドガー・バディアに弾かれ、今季リーグ戦初ゴールを阻まれると久保は悔しさをにじませた。

 結局ゴールを割れず、勝ち点1獲得にとどまったビジャレアル。韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は「久保沈黙のビジャレアル、総力戦もエルチェと0-0」との見出しで結果を伝えた。

「ビジャレアルは後半開始とともに、久保とアルカセルを同時投入。攻勢をかけたが、エルチェのゴールネットを揺らせず。後半28分に久保が放った決定的なシュートもバディアに弾かれた」

 悲観的なパフォーマンスではなかった久保だが、エルチェ戦の45分間を飛躍のきっかけにできるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング