「日本にいなかったタイプ」と絶賛した選手は? 「パナマ戦出場17人」を金田喜稔が採点

物足りなさの残るプレーが多く目立ったMF柴崎岳【写真:AP】
物足りなさの残るプレーが多く目立ったMF柴崎岳【写真:AP】

低調だった柴崎 「今までの試合でも特にイージーミスが多かった」

■三好康児(アントワープ)=★★★

 久保と2シャドーに並び“レフティーコンビ”を組んだが、2人の関係性で局面を打開するシーンはそれほどなかった。プレー自体にミスが多かったわけではなく、ドリブルでリズムを作り、惜しいシュートもあった。久しぶりの日本代表戦としては及第点と言える内容だが、もう少し得点に直結する位置での効果的なプレーを求めたい。

■橋本拳人(ロストフ/→ハーフタイムOUT)=★★★

 久しぶりに先発出場のチャンスをもらい、良いところを見せたい気持ちがあったのだろう。球際での強さを発揮した一方、少し気負い過ぎていたように感じた。ボランチでコンビを組んだ柴崎と縦関係になるシーンが多かったが、その際に周囲とどのように連動してスペースをカバーするのかが見えなかった。そのなかで柴崎との2人でどのようにキープして、展開して、前線とサイドを使うのかというイメージもあまりなく、効果的な動き出しやパスもなかった。

■柴崎 岳(レガネス/→後半37分OUT)=★★

 今まで見た試合のなかでも特にイージーミスが多かった。柴崎にしては珍しくコントロールミスが多く、ボールキープ時に奪われたり、パスを出しても簡単にインターセプトされるシーンが散見された。チームがリズムをつかんだ後半も、展開力を発揮したのは遠藤と鎌田で、柴崎からフィニッシュに直結するようなプレーがあまり見られなかったのは残念。森保監督の信頼を勝ち取り、レギュラーとしてこれだけチャンスを与えられているなかでは、物足りなさの残る内容だった。

<DF>
■長友佑都(マルセイユ/→後半13分OUT)=★★★

 1年ぶりとなった代表戦で、自分の良さを発揮しようという野心を立ち上がりから非常に感じたが、チーム全体として攻撃力の乏しいパナマを相手に、左サイドの高い位置に進出するシーンをあまり作れなかった。縦関係となった久保とのコンビネーションが確立されていない部分があったにせよ、前半途中からはほとんど上がれず。後半9分の決定機ではゴール前に飛び込んだが決めきれなかった。経験値があるなかで、左サイドでの守備では破綻をきたさなかったが、より高いレベルを要求したい。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング