中村憲剛、“悪夢の大怪我”からの301日 「密着ドキュメント」に込められた思いとは?

8月に大怪我から復帰を果たした川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】
8月に大怪我から復帰を果たした川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】

DAZNのドキュメント制作チームに聞く、復活までの舞台裏と中村の素顔

 日本を代表する名手は、再びJリーグのピッチに立てるのか――。昨年11月2日、川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛は、J1リーグ第30節サンフレッチェ広島戦(2-1)で左膝前十字靭帯損傷、左膝外側半月板損傷の重傷を負った。全治約7カ月。それは39歳のベテランにとっては選手生命を脅かす、あまりにも過酷な運命だと誰もが感じたはずだ。

 だが稀代の司令塔は301日後、その試練を乗り越える。2020年8月29日に行われたJ1リーグ第13節の清水エスパルス戦(5-0)、再び等々力陸上競技場のピッチに降り立った中村は、芸術的なループシュートでゴールまで奪うというドラマチックな復活劇を演じた。

 そんな中村の闘いの日々を、Jリーグを全試合ライブ中継するスポーツチャンネル「DAZN」が追い続け、9月19日に「ReStart:中村憲剛 帰還までの301日」と題したドキュメンタリーを配信。長いリハビリ生活のなかで中村がこれまで見せたことのない苦悩や葛藤、そして復帰の喜びなど様々な想いが詰まった番組として、視聴者から好評を博している。

 今回の密着取材が実現した経緯や番組に込めた想い、そして約10カ月に及んだ制作過程のなかで見えてきた中村の素顔とは、どのようなものだったのだろうか。「DAZN」のドキュメント制作チームに、改めて話を聞いた。

   ◇   ◇   ◇

――DAZNで公開された中村憲剛選手の密着ドキュメントが好評です。まず、今回の企画実施を決めた理由、経緯を教えていただけますか?

「昨年11月2日に大怪我をした当日から川崎フロンターレのファン・サポーターのみならず、日本中のサッカーファミリーが彼のSNSやブログに多くの激励メッセージを寄せていました。それをずっと見ていて、憲剛さんは川崎フロンターレでプレーする1人のサッカー選手にとどまらず、日本サッカー界を象徴する選手だと改めて感じさせられたのがきっかけです。39歳を迎えたばかりのベテラン選手が、『前十字じん帯損傷、全治約7カ月』という大怪我を乗り越えていく姿を記録していくことで、全国のサッカーファン、スポーツファンはもちろん、多くの人に必ず何かを伝えられるはずだと強く感じたので、怪我をした翌日にクラブ広報に相談させてもらいました。それがファーストアクションです」

――そんなに早い時期から動いていたんですね。

「実際はすごく悩みました。選手生命を脅かしかねない大怪我であることは分かっていましたし、こんな早い段階で相談をしてもいいものかと。ただ、DAZNとしては過去にアンバサダーを務めていただいたり、何度も海外サッカーの解説をお願いしたりしていて、幸いにして本人ともクラブとも近い関係性を築けていました。

 何よりJリーグの独占配信権を持っているDAZNとして、彼の戦いを追いかけるべきだと思い、どこよりも早く相談して、強い気持ちを持って実現にこぎつけようと考えたんです。クラブ側もなんらかの形でリハビリを記録したいと考えていたようで、広報からタイミングを見計らって本人にも相談いただき、クラブ内でも調整してもらえて正式にゴーサインが出ました」

――今年はコロナ禍もありました。制作過程も難しいことの連続だったのではないかと思います。

「そうですね。やはりコロナ禍の影響は大きかったです。クラブハウスが出入り禁止になってチーム練習もなくなり、病院の先生などを含めた関係者にもアクセスが難しくなってしまうなど、思うように取材を進めることができませんでした。ただ、取材スタッフが練習場に出入りできないなか、クラブ広報がカメラを持って病院やトレーニング風景を独自に撮影してくれました。広報さんのカメラなしでは実現できなかったので、本当に助けられましたね」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング