川崎の華麗なパスワークから先制弾! 「信じられない“ティキ・タカ”」と海外賛辞

川崎MF田中碧【写真:高橋学】
川崎MF田中碧【写真:高橋学】

広島に5-1と快勝、ゴールラッシュを導いた田中の先制ゴールに注目

 J1リーグで首位を快走する川崎フロンターレは13日、ホームでの第16節でサンフレッチェ広島と対戦し5-1で快勝した。この試合でゴールラッシュの口火を切ったMF田中碧の先制ゴールに、海外メディアも注目している。

 前節でヴィッセル神戸に3-2と競り勝ち、3連勝を果たしていた川崎は、ホームの等々力陸上競技場に広島を迎えた。16試合終了時点で47得点と圧倒的な攻撃力を示しているなか、この試合でもその破壊力を見せつける。

 前半14分、敵陣右サイドのスローインから左サイド、中央とパス回しを開始。そしてDFジェジエウの縦パスがスイッチとなりFW旗手怜央が相手を背負いながら落とすと、右サイドから後方のサポートに入ったDF山根視来がダイレクトで前線に上がっていた田中にパス。田中もこれをワンタッチで落とすと、駆け上がった山根も再びワンタッチで田中にリターン。完全に相手最終ライン裏に抜け出した田中は、ダイレクトで右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右ポストをかすめてネットを揺らした。

 旗手の落としから5連続のワンタッチプレーで決めた“パスワーク弾”に、海外メディアも反応。オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは、「川崎の信じられない“ティキ・タカ”フットボールが広島戦の膠着状態を打破!」と綴り、華麗なパスワークをバルセロナやスペイン代表の代名詞である言葉を引用して称えた。

 試合はその後、後半に4ゴールを奪った川崎が5-1で快勝を収めて4連勝。魅力的な攻撃サッカーで今後さらに勝ち点を積み重ねていけば、海外からの注目度も高まるはずだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング