岡崎慎司が見た久保建英の“凄み”とは? スペインで実感「技術だけ上手い選手は今までもいた」

ウエスカを1部昇格に導いたFW岡崎慎司とビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ウエスカを1部昇格に導いたFW岡崎慎司とビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

【岡崎慎司インタビュー|第3回】コパ・アメリカで共闘、岡崎が見た同じスペインで戦う久保建英の姿

【第1回|スペイン2部で味わった「天国と地獄」】

【第2回|スペイン1年目の“ベストゴール”は?】

【第4回|岡崎慎司が語る“ベテラン論”】

 ウエスカの日本代表FW岡崎慎司は、初めてのスペイン挑戦となった2019-20シーズンで12得点を奪い、チームの2部優勝に貢献した。開幕当初に所属したマラガが財政難に陥り、選手登録ができない状況になるなど波乱の幕開けとなったが、移籍市場の締め切りギリギリで加入したウエスカでも、ベンチスタートの時期を乗り越えチーム最多ゴールを記録。“助っ人”ストライカーとして結果を残した34歳FWが、「Football ZONE web」の独占インタビューに応じた。3回目となる今回は、同時期にスペインへ渡った日本代表MF久保建英について語った。

 岡崎が初めてスペインに挑戦し、37試合12得点でチームを2部優勝、1部昇格に導いた今季、日本の19歳MF久保も開幕後にレアル・マドリードからマジョルカへ期限付き移籍し、初挑戦となったリーガ・エスパニョーラ1部の舞台で、その力を見せつけることとなった。

 岡崎と久保は昨年6月、日本代表が参加した南米選手権(コパ・アメリカ)に出場。グループリーグ第1戦チリ戦(0-4)では、久保が先発、岡崎は途中出場で初めて同じピッチに立った。第2戦ウルグアイ戦(2-2)では、先発の岡崎に対して久保が途中出場。そして、第3戦のエクアドル戦(1-1)では、ともにスタートからピッチに立ち、岡崎は1トップを務め、トップ下に久保が入った。代表でも一緒に過ごした久保について、岡崎が考える凄さを語った。

「まずは年齢じゃないですかね。あの年齢で今の完成度は凄い。結果だけじゃない。もちろん、あの年齢で(リーグ戦)4得点4アシストは凄いけど、サッカーの理解度が凄いなと思いますね。それに伴う技術とかプレースピードがついてくるのが一番凄いことだけど、まずはサッカーを理解して判断を間違えないのは、あの年齢でサッカーを分かっていないとできない」

 久保は昨夏にFC東京からレアル・マドリードへ完全移籍。プレシーズンではトップチームに同行し、見せ場も作っていた。その後、武者修行のためにスペイン1部マジョルカへ期限付き移籍。35試合に出場し、4得点4アシストという結果を残した。特に新型コロナウイルスによる中断明け以降は圧倒的なパフォーマンスを見せ、チームの中心として活躍した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング