岡崎慎司が語る“ベテラン論” スペインで貫く自我…「30歳を過ぎて変わった」こととは?

ウエスカで活躍するFW岡崎慎司【写真:Getty Images】
ウエスカで活躍するFW岡崎慎司【写真:Getty Images】

【岡崎慎司インタビュー|第4回】34歳になった岡崎の今までとは違う新たな“挑戦”

【第1回|スペイン2部で味わった「天国と地獄」】

【第2回|スペイン1年目の“ベストゴール”は?】

【第3回|岡崎慎司が見た久保建英の“凄み”】

 34歳となった今も進化し続ける“侍ストライカー”、その原動力は一体どこにあるのだろうか――。ウエスカの日本代表FW岡崎慎司は、初めてのスペイン挑戦となった2019-20シーズンで12得点を奪い、チームの2部優勝に貢献した。開幕当初に所属したマラガが財政難に陥り、選手登録ができない状況になるなど波乱の幕開けとなったが、移籍市場の締め切りギリギリで加入したウエスカでもベンチスタートの時期を乗り越えチーム最多ゴールを記録。“助っ人”として結果を残した34歳FWが、「Football ZONE web」の独占インタビューに応じ、スペイン挑戦1年目を振り返った。第4回は「ベテラン論」について語る。

 2019年夏、33歳だった岡崎は、海外3カ国目となるスペイン挑戦を決めた。マラガでは、クラブが財政難に陥り公式戦に出場できず、最終的には契約解除に至ったが、移籍先のウエスカでは37試合12ゴールをマーク。クラブの1部昇格、2部優勝に貢献し、34歳で迎える新シーズンは念願のスペイン1部で戦う。

 清水エスパルスから2011年にブンデスリーガ1部シュツットガルトに加入。13年にマインツへ移籍し、15年からはプレミアリーグのレスターでプレーした。そして、加入1年目で奇跡のプレミア制覇を経験。4シーズンにわたってイングランドで戦い抜き、昨年スペインへやってきた。そして、新天地で掴んだ成功――。34歳になった今でも結果を残し続けられるのはなぜだろうか。

「今でも『上手くなっているな』という感覚はあまりない。むしろ下手だなと思っている。スペインに来て思ったのは、身体能力の部分は他のドイツとか、イングランドのほうが高かったけど、2部でも基本的に技術とかパスとかドリブルの仕方とか上手い。そういう選手たちを見ながら、自分が何をやっていくのかというところを見極めてきた。僕は頑張ればなんでもできるタイプだと思うんですけど、その代わり、今までの経験上、自分が本来勝負したいところで勝負できないこともあった。この年になって、ここで結果を出すFWになるというのは目標として決めていた」

 これまでドイツ、イングランドでも監督の信頼を得て、出場機会を掴んできた岡崎。どういう選手になれば、使われるのか――。自問自答して、チームにフィットするために尽くしてきた。改善に改善を重ねて“カメレオン”のように、プレースタイルを変えることをいとわなかった。だが、30歳を過ぎ、少しずつ考えは変わった。

「(上手いと言われるプレーも)頑張ってできるだろうけど、そこでの評価を得たいんじゃない。どっちかというとFWとして必要な部分で力を出せるように注いだ」

 スペイン流の岡崎慎司を完成させるわけではなく、自身がやりたいことを整理した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング