欧州クラブ「平均年俸トップ10」を英紙発表 最高は1人13億円、日本人在籍クラブも

各クラブの代表選手(左から)モドリッチ、サラー、メッシ、C・ロナウド【写真:AP】
各クラブの代表選手(左から)モドリッチ、サラー、メッシ、C・ロナウド【写真:AP】

イングランド勢が最多4クラブ、1人あたり年俸10億円超が3クラブ

 ビッグクラブには数多くのスター選手が在籍するなか、英紙「ザ・サン」が平均選手年俸の最も高い欧州クラブトップ10を発表した。日本人プレーヤーが在籍する名門もランクインしている。

 10位に食い込んだのは、元ドイツ代表MFメスト・エジルやガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンらを擁するアーセナル(1人あたり438万ポンド=約6億1000万円)。強豪アトレティコ・マドリード(537万ポンド=約7億5000万円)が9位に入った。

 8位には日本代表MF南野拓実が在籍するリバプールだ。エジプト代表FWモハメド・サラーらを擁し、1人あたり550万ポンド(約7億6500万円)となっている。7位はマンチェスター・ユナイテッド(553万ポンド=約7億7000万円)、6位はバイエルン・ミュンヘン(612万ポンド=約8億5000万円)、5位はパリ・サンジェルマン(619万ポンド=約8億6000万円)、4位はマンチェスター・シティ(698万ポンド=約9億7000万円)と続く。

 トップ3位に食い込んだのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラらを擁するユベントス(771万ポンド=約10億7000万円)。そして2位は、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスらが所属するレアル・マドリード(850万ポンド=約11億8000万円)となっている。

 トップに君臨するのは937万ポンド(約13億円)のバルセロナだ。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンら錚々たる攻撃陣が揃っており、1人あたりの金額は群を抜いている。

 TOP10をリーグ別に見ると、イングランドが4チームで最多。スペインが3チームで続き、ドイツ、フランス、イタリアが各1チームとなっている。

 英紙「ザ・サン」が発表した「欧州クラブ平均年俸トップ10」は以下のとおり。

1位 バルセロナ 937万ポンド(約13億円)
2位 レアル・マドリード 850万ポンド(約11億8000万円)
3位 ユベントス 771万ポンド(約10億7000万円)
4位 マンチェスター・シティ 698万ポンド(約9億7000万円)
5位 パリ・サンジェルマン 619万ポンド(約8億6000万円)
6位 バイエルン・ミュンヘン 612万ポンド(約8億5000万円)
7位 マンチェスター・ユナイテッド 553万ポンド(約7億7000万円)
8位 リバプール 550万ポンド(約7億6500万円)
9位 アトレティコ・マドリード 537万ポンド(約7億5000万円)
10位 アーセナル 438万ポンド(約6億1000万円)

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング