久保建英は移籍市場で「一番魅力的」 名門アヤックスも浮上…“争奪戦”激化に現地注目

アヤックスがレアルに「最も新しく問い合わせをしたチーム」

 期限付き移籍での獲得を目指すチームとしては、スペイン国内ではベティスとレアル・ソシエダの名前を挙げ、「マドリードが将来へ向けて実現性のあるものだと見ており、日本人がスペインでリズムをつかむのに興味深いものとなっている」と、可能性の高い新天地であると綴った。

 一方、スペイン以外のクラブでは、かねてから噂に上がるフランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)に言及。さらに同メディアがレアル関係者から知り得た情報として、「クボはオランダのアヤックスからの関心を得ているという。選手の状況について、最も新しく問い合わせをしたチームとなるだろう」と、選手育成に定評のあるオランダの名門アヤックスが久保に関心を示していると伝えている。

 ここまで34試合4得点4アシストの成績を残し、リーガ参戦1年目で海外メディアを唸らせるパフォーマンスを披露している久保。マジョルカでのラストマッチとなるオサスナ戦での活躍次第では、19歳の才能豊かな日本人アタッカーの注目度はさらに高まりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング