今治は“J3元年”でどこまで戦えるのか 開幕2試合から探る「岡田メソッド」の現在地

プレーだけでなく的確な指示でチームをけん引する今治MF橋本英郎【写真:寺下友徳】
プレーだけでなく的確な指示でチームをけん引する今治MF橋本英郎【写真:寺下友徳】

岡田オーナーが表明した「1年でのJ2昇格」

「1年目からJ2昇格を狙います」

 2019年12月8日、愛媛県今治市の今治国際ホテルで行われたFC今治のJ3昇格を祝う「祝昇会」の最後に登壇した岡田武史オーナーは、800人を超える参加者の前でこう力強く決意を表明した。

 JFLからの昇格初年度という状況を考えれば、無謀な発言と取れなくもない。しかし、元日本代表監督として2度のワールドカップ(W杯)で指揮を執り、2010年南アフリカ大会では低評価を覆すベスト16入り。Jリーグでもコンサドーレ札幌をJ1復帰、横浜F・マリノスを2度のJ1王者に導き、そして「造船と今治タオルとしまなみ海道のまち」今治にスポーツ文化の種を蒔いただだけなく、16歳までに修得すべきサッカーの型「岡田メソッド」を構築した岡田オーナーの発言とあれば、話は現実味を伴ったものへと変わってくる。

 さらに、岡田オーナーは2020年の指揮官には、10代後半から育成組織を皮切りに2016年のグラナダ暫定監督を含めた各カテゴリーでの豊富な指導経験を持つスペイン人のリュイス・プラナグマ・ラモス監督を招聘。「どんなチームにも、どんな試合にも勝ちたい」と表明し続け、「レギュラーも控えもないことを植え付けている」コンペティティブ(=競争力)をチームコンセプトとして掲げる39歳・熱血漢の意思は、「相手より1点でも多く点を取って勝つために、ゴールを奪い勝つ」岡田メソッドの大原則と見事なまでに符合するものだ。

 J3開幕戦でゴールこそ奪えなかったものの、攻守に闘争心を90分間失うことなく前年J2のFC岐阜に引き分けたことで、リモートマッチ(無観客試合)でのホーム初戦・ロアッソ熊本戦でのJ初勝利への期待はさらに高まった。

 しかし、ここで立ちはだかったのは「岡田メソッド」を肌で知る男。2006年W杯では岡田監督の右腕としてコーチを務め、2015年から約2年間は今治のアドバイザーとして「岡田メソッド」構築にも関わった熊本の大木武監督である。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング