王者・横浜FMが再開初戦ドロー、監督と選手が口にした“反省”と“課題”とは?

「今日も点を取れたと思う」と語る仲川、指摘した改善点とは?

 また、昨季のリーグ得点王とMVPをダブル受賞したFW仲川輝人は決定機でゴールを奪えず、「質を高めるしかない。ペナルティーエリア内でのシュートやパスの選択も高めていければ、今日も点を取れたと思う。自分も含め、その精度が低かった。落ち着きという部分で徐々に上げていければ。あとは点を取るだけだと思う。まだ力が入っている感じで、チャンスで力んでいる部分が少しあった。リラックスしながらやれれば」と、久々のゲームが影響したことを強調した。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 正確なポジションワークでの攻撃と、強烈なハイプレスで昨季のJ1を制した横浜FMのサッカーはこの再開初戦でも片鱗は見せたが、本調子とは言い難かった。ポステコグルー監督は「ハードワークしながら一生懸命やったが、練習と練習試合だけではテンポの速さが全然違う。フィジカル的にはしっかりできたし、心配していない」と話す。夏場の過密日程で昨季に近いクオリティーをどれだけ早く戻せるかが連覇へのカギになりそうだ。

[ftp_del]
>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!
[/ftp_del]

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)



page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド