遠藤保仁、“平常心”で積み上げたJ1最多632試合の偉業 「意識せざるを得ない状況でしたが…」

ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】
ガンバ大阪MF遠藤保仁【写真:高橋学】

C大阪戦に先発、J1出場試合数で単独1位の“金字塔”を打ち立てる

 ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁が4日、J1リーグ再開初戦となった第2節セレッソ大阪戦に先発出場し、歴代単独最多となる通算632試合出場を達成した。2月23日の横浜F・マリノスとの開幕戦(2-1)で、最多記録を持つ元日本代表GK楢﨑正剛氏(元名古屋グランパスほか)に並び、約4カ月半のイレギュラーな中断期間を経ての大記録となった。

 “伝統”の大阪ダービーのピッチには、やはり背番号7の姿がよく似合う。ホームで迎えた再開初戦で、遠藤は先発メンバーに名を連ねた。J1単独最多となる通算632試合出場。無観客のパナソニックスタジアム吹田で、横浜フリューゲルス時代の先輩である楢﨑氏の記録を破り、金字塔を打ち立てた。

 ボランチとして“メモリアルゲーム”に先発出場した遠藤は、パスを散らしながらリズムを作ろうとするが、G大阪は思うように攻撃の形を作れない。前半アディショナルタイム2分には、C大阪FW奥埜博亮に先制点を許した。1点を追うなかで、遠藤は後半9分にMF井手口陽介と交代。試合はその後、同17分にC大阪のDF丸橋祐介に強烈なミドルシュートを叩き込まれて0-2とされたが、同23分にFWアデミウソンがPKで1点を返す。交代枠5人を使い切り、最後まで同点ゴールを狙い続けたG大阪だったが、そのまま1-2で敗れた。

 試合後、オンラインでの記者会見に出席した遠藤は、大記録達成となった試合について「ピッチに入っている時はいつもどおりというか、いい試合をしたいなと思っていました。みんながTシャツとか着てくれたので非常に嬉しく思います。この1、2週間は相当そういう質問が多かったので、意識というか、意識せざるを得ない状況でしたけど、入る時はそんなに意識していなかったです」と振り返った。

 また、1-2と勝利で飾れなかった試合内容については、「ゲームの感覚はそんなに、普段のシーズン中と変わらなかったかなと。ただ無観客だったので、いろいろ難しい部分があったんじゃないかなと思います。試合のテンポがなかなか上がらないのは、やる前から分かっていたので、そのへんは多少なりとも割り切ってやっていましたが、先に点を取られるとああいう感じになる」と、無観客での“大阪ダービー”になったからこその難しさを明かしていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング