【THIS IS MY CLUB】浦和で戦う「責任と覚悟」 阿部勇樹が大きな影響を受けた2人の選手とは?

浦和レッズMF阿部勇樹【写真:Getty Images】
浦和レッズMF阿部勇樹【写真:Getty Images】

【阿部勇樹インタビュー|第4回】2人の“先輩”平川と坪井から学んだ「浦和で戦う意味」

 2月の開幕戦を戦った後、約4カ月にわたって中断していたJ1リーグがいよいよ再開の時を迎える。新型コロナウイルスの影響により、無観客の“リモートマッチ”での開催となるが、サッカーのある日常が戻ってくることに心躍らせる人は多いはずだ。

 再開を前に、Football ZONE webも参加している「DAZN Jリーグ推進委員会」では、J1からJ3までの全56クラブを対象に「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE -」と題したインタビュー企画を実施。浦和レッズからは在籍通算13年目、チーム最年長選手となった元日本代表MF阿部勇樹に登場してもらい、愛するクラブやリーグ再開への思いを語ってもらった。最後となる4回目のテーマは、浦和の次代を担う若手への期待、そして熱きサポーターへの「責任と覚悟」について言葉を紡いだ。

   ◇   ◇   ◇

 浦和レッズは昨季、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で準優勝を果たしたものの、リーグ戦では最終節まで残留が確定しない大苦戦を強いられた。現役選手たちのなかで最も在籍年数の長いMF阿部勇樹は、「このチームでやっていく覚悟、背負っているものを投げ出さないで戦うこと」と、強い気概を持ってプレーすることが浦和の選手には求められていると話す。

 阿部は2007年にジェフユナイテッド千葉から浦和へ加入すると、その年にACL制覇を経験。その後、10年夏にイングランドのレスターへ移籍したが、12年から再び浦和でプレーしている。在籍通算13年目は現所属選手のなかでは最長で、年齢的にも最年長だ。12年から務めたキャプテンは17年を最後に引き継いだが、その存在の大きさは誰もが認めるところだ。

「僕が来た時は上の選手が多くいて、なかでも一緒に長く戦った今はコーチの平川(忠亮)さん、坪井(慶介)さんは二つ上で、影響を受けた先輩ですね」と、阿部は浦和への加入当初からの関係を振り返る。そして「2人は大学からプロ入りがレッズで、歴史を見てきてすべてを経験していますからね。浦和というクラブがどんな存在なのかを、自然と当たり前に表現していたと思う。彼らだけではないけど、一緒にやった選手で言えば先輩だと2人が印象的ですね」と話した。

 阿部の言う「浦和というクラブがどんな存在なのかを表現する」という部分は、どういう意味なのか。そこには、国内最大規模のサポーターの存在をベースにした責任があるのだと、阿部は話す。そして、下の世代の浦和を背負っていくべき選手たちに対して、穏やかな口調ながら重みのあるメッセージも送った。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング