【THIS IS MY CLUB】浦和MF阿部、“谷間”と呼ばれたアテネ世代の矜持 「最後まであがいて頑張らないと」

かつて共闘した鈴木啓太氏(13番)らの引退には寂しさを感じるも…【写真:Getty Images】
かつて共闘した鈴木啓太氏(13番)らの引退には寂しさを感じるも…【写真:Getty Images】

今年で39歳、再び“満員”の埼玉スタジアムでプレーするために…

 阿部も今年9月に39歳の誕生日を迎える。現役を続けていることが簡単ではない年齢なのは誰もが理解するところだ。実際に、「この年齢だし、今年とか去年もいろいろと考えたりもしたので」とほのめかした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前述した浦和でチームメートだった同世代の4人は、ここ数年で現役を引退。アテネ五輪予選や本大会でともに戦ったメンバーも、次々にピッチを離れている。「もちろん同世代が、アテネ五輪の世代が減っているというのは残念で悲しいですよ」と話す阿部だが、「だけど、新たなスタートを切ったなかで多くの人がサッカーに携わる仕事をしてくれているのが嬉しいし、やっぱりサッカーが好きなんだなって感じるんですよね」と、彼らの次のステージを応援している。そして「みんなの分まで、最後まであがいて頑張らなきゃいけないかな」とほほ笑んだ。

 阿部は2017年に、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝を満員の浦和サポーターで埋まった埼玉スタジアムで決めた後に、「あの真っ赤なサポーターが喜んでくれるのが、一番心に響くから」と話していた。現在の新型コロナウイルスの感染拡大により始まった社会情勢は、すぐにその風景が戻ってくることを妨げている。それでも「すぐは無理かもしれないけど、爆発させる機会は来るはずだから」と、ともに戦う“仲間”たちとの再会を信じている。

 だから、再びその光景の中でプレーするまで走るのを止めるわけにはいかない。「81年の残り組として頑張らないといけないからね」と言う阿部のプレーは、再開後のJリーグで画面を通してでも観る者の心を動かすはずだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」