ランパード監督、113億円の大型補強に胸中 「プレッシャーが増すならば望むところ」

チェルシーのフランク・ランパード監督【写真:Getty Images】
チェルシーのフランク・ランパード監督【写真:Getty Images】

新戦力のヴェルナー、ジエクにも「適応の時間は必要」と見解

 新型コロナウイルスの影響もあり、今年は多くのクラブが補強を躊躇している。そんななか、チェルシーはアヤックスからモロッコ代表FWハキム・ジエク、RBライプツィヒからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを獲得。新戦力に大金を使っていることで、フランク・ランパード監督は、自身にかかるプレッシャーが増していることを認めている。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ランパード監督が就任した昨夏、チェルシーは補強禁止処分を受けており、新戦力は獲得できなかった。2020年1月の移籍市場でも補強を行わず、指揮官はアカデミー育ちの若手を起用して結果を残してきた。しかしその後、クラブはジエクの獲得に3800万ポンド(約50億円)、ヴェルナーの獲得には4800万ポンド(約63億円)を費やす。これにより、ランパード監督は自身に懸かる期待も高まることを自覚していた。

「もしかしたらプレッシャーは変わってくるかもしれないね。私たちが費やした金額はその理由になり得るし、それは理解できる。でも、この仕事をやっていればプレッシャーは常にあるものだ。選手を獲得すれば、より良くなることが期待されるし、私たちはそれを示さなければいけない。それは獲得した選手たちの役割であり、同時に私の仕事でもある。だから、プレッシャーが増すならばそれは望むところだ」

 チェルシーはリーグ中断時点で、2位のマンチェスター・シティとは勝ち点差「12」、首位のリバプールとは勝ち点「34」の差をつけられていた。

 この2クラブとの差について、ランパード監督は「ここ数年のリバプールとシティのパフォーマンスを見れば、私たちが上位を目指すには大きな差があることは明らかだ。その差を埋めるために、努力を続けなければいけない。同時に新たに加入する2人には、適応する時間を与えることも必要だ。ただ、彼らの質の高さを信じているし、そんなに時間はかからないと思う。いずれにしても、上位のクラブとのギャップを埋めるために仕事を続けていきたい」と、現時点では大きな差があることを認めている。

 2選手の加入が決まり、今季はトップ4入りを逃せなくなった。チェルシーは頻繁に指揮官が代わることでも知られているが、ランパード監督は長期政権を築くことができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」