クロップ監督、母国バイエルンで指揮? リバプールOB、名将のキャリアを予想

スペイン行きはない? バルサは「幹部と選手の内政問題」、レアルは「また違う話」

 またマクマナマン氏は、クロップ監督のスペイン行きの可能性を除外しており、その理由について説明している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「クロップがレアル・マドリードやバルセロナを指揮したいと思っているかどうか分からないし、なぜ彼がラ・リーガに行きたいと思うのかも理解できない。リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドが毎週バトルを繰り広げていた時のようなオーラがない。それにバルサでは幹部と選手らの内政問題もある。レアルはまた違う話。彼らはメンバーをリフレッシュさせる必要がある。ヴィニシウス・ジュニオールというような若い選手を入れたけれども、彼らはまだ準備ができていない」

 クロップ監督がバイエルンを率いる姿に思いを馳せるマクマナマン氏。近い将来、ドイツへ帰還し、バイエルンを率いることになるのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング