クロップ監督、母国バイエルンで指揮? リバプールOB、名将のキャリアを予想

リバプールのユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】
リバプールのユルゲン・クロップ監督【写真:Getty Images】

元イングランド代表MFマクマナマン氏、「バイエルンを指揮する姿を想像できる」

 リバプールのレジェンドとして知られる元イングランド代表MFスティーブ・マクマナマン氏が、現在古巣を率いるユルゲン・クロップ監督について、最終的には母国でバイエルン・ミュンヘンを指揮する可能性があると指摘した。英紙「デイリー・スター」の独占インタビューで語っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2008年から7年間にわたりドルトムントを指揮したクロップ監督は、10年にセレッソ大阪から獲得したMF香川真司(現サラゴサ)を筆頭に、元ドイツ代表DFマッツ・フンメルス、同MFマリオ・ゲッツェ、ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(現バイエルン・ミュンヘン)ら数多くの選手をトッププレーヤーに成長させ、リーグ2連覇を達成。2011-12シーズンにはクラブ史上初の2冠を成し遂げた。

 その後、15年10月にリバプール監督に就任。クラブはそれまで低迷していたが、セネガル代表FWサディオ・マネやエジプト代表FWモハメド・サラーらを獲得してテコ入れに着手すると、縦に速いサッカーを定着させて、昨季に14年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を果たした。今季はプレミアリーグ首位を独走。新型コロナウイルスによりシーズンは中断しているものの、1月に日本代表MF南野拓実を加えたチームは30年ぶりのリーグ優勝まで“マジック2”に迫っている。

 1990年から約10シーズンにわたりリバプールで活躍したマクマナマン氏は、クロップ監督について「彼は本当にリバプールとプレミアリーグを熱愛していると思う」とする一方で、こう続けている。

「しかし、ドイツに戻って、バイエルン・ミュンヘンを指揮する姿を想像できる。クラブの経営の仕方、ドイツ人マネージャーの扱い方を考えれば、その可能性は除外できないだろう。数年前のバイエルンは終わりかけていたが、今はより経験豊富な選手らと多くのハングリーな若手選手を擁している」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ