ファン・ダイクが“苛立ち”を覚えたストライカーは? 世界最高DFの“動揺”を現地記者回顧

リバプールDFフィルジル・ファン・ダイク【写真:Getty Images】
リバプールDFフィルジル・ファン・ダイク【写真:Getty Images】

CLザルツブルク戦後、ハーランドについて問われて“らしくない”対応に終始

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージで、ザルツブルクはリバプールと対戦。その2試合で評価を高めた日本代表MF南野拓実は、冬の移籍市場でリバプールへ移籍することとなった。だが、リバプールの守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドに“苛立ち”を覚えていたという。地元紙「リバプール・エコー」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 今シーズンも抜群の安定感でリバプールの守備を引き締めたファン・ダイクは、今や世界最高のDFの1人とも称される。新型コロナウイルスの影響でプレミアリーグが中断となるまで、リバプールはリーグ戦で1敗しか喫しておらず、その勝負強さを支えてきた存在だ。

「リバプール・エコー」は「フィルジル・ファン・ダイクは今季、苛立つ理由はほとんどなかった」としつつ、「勝ったにもかかわらず、あるチーム、特に1人の男に怒りを覚えていたことだろう」と指摘。その相手がザルツブルクだったとしている。

 昨年10月の対戦は、両チーム合わせて7点を取り合う乱打戦。最終的にホームのリバプールが4-3の勝利を収めたものの、当時ザルツブルクに所属していたハーランドは途中出場し、わずか4分でゴールを決めていた。その後、ハーランドはドルトムントに移籍し、ブンデスリーガでも11試合10得点と大暴れを見せている。

 リバプールとザルツブルクの試合を取材していた元ノルウェー代表FWヤン・オーゲ・フィヨルトフト氏は、ハーランドの強烈な印象とともに、ファン・ダイクの普段とは異なる取材対応が印象に残っているという。

「試合後、ファン・ダイクにコメントを求めたんだ。彼はジェントルマンで、私はいつも彼にインタビューをするのを楽しみにしているんだ。その日も『あのノルウェー人について聞かないといけないね。アーリング・ハーランドだ』と尋ねたんだ。すると彼は、『まあ、試合に勝ったのは僕たちだよ』としか言わなかったんだ」

 ファン・ダイクらしくない、素っ気ない対応をされたというフィヨルトフト氏。それでもハーランドについての感想を求めると、「あまり彼のことを見なかったよ」とだけ話し、苛立った様子でその場を去ったことを明かしている。

 世界屈指のDFであると同時に、人格者としても評判のファン・ダイクを動揺させたハーランド。今後、移籍市場が開くたびにその去就が注目されることになりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」