チェルシー、ヴェルナーに続く大型補強へ レバークーゼンの至宝ハフェルツ獲得を視野

チェルシーがレバークーゼンMFカイ・ハフェルツに興味か【写真:Getty Images】
チェルシーがレバークーゼンMFカイ・ハフェルツに興味か【写真:Getty Images】

ハフェルツ獲得を狙うにあたり仏代表MFカンテや伊代表MFジョルジーニョも放出候補

 チェルシーがブンデスリーガからさらなる補強を目論んでいるようだ。英紙「デイリー・メール」は、レバークーゼンでプレーする20歳の至宝MFカイ・ハフェルツの獲得を構想していると報じた。

 チェルシーは先日、リバプールなどが狙っていたとされるRBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの獲得で合意に達したと報じられた。新型コロナウイルスの感染拡大による財政悪化が懸念されるなかでの補強を進める動きを見せた。

 そうしたなかで、新加入選手はヴェルナーだけにとどまらないかもしれない。今季限りで契約満了となり、退団が噂されるブラジル代表MFウィリアンとスペイン代表MFペドロ・ロドリゲスに代わるサイドプレーヤーとして、レバークーゼンのドイツ代表MFハフェルツに白羽の矢を立てているという。

 20歳のハフェルツはドイツで最も将来を期待される若手選手の一人で、先日ブンデス史上最年少ゴール記録を打ち立てた同僚FWフロリアン・ヴィルツに破られるまでは、レバークーゼンのクラブ最年少デビュー記録も保持していた。

 すでに加入が決定しているアヤックスのモロッコ代表FWハキム・ツィエクと、合意が報じられたヴェルナーに続く補強を目論んでいるチェルシー。英紙「ザ・サン」によれば、この2人の補強で計9000万ポンド(約123億円)を投じることになるため、ハフェルツの獲得のためにはウィリアンとペドロ以外にも選手を放出して資金を捻出必要があるという。

 記事によれば、代わりにフランス代表MFエンゴロ・カンテが退団する可能性があり、パリ・サンジェルマンが興味を示しているという。

 また、同様にイタリア代表MFジョルジーニョも放出候補として名前が挙がっている。ナポリ時代からの恩師マウリツィオ・サッリ監督が待つユベントス行きが選択肢にあるようだ。

 今夏に戦力の大刷新も噂されているチェルシー。ヴェルナーに続くドイツからの大物補強を実現させることはできるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング