伊代表FW、ロックダウン下での“パーティー”開催で波紋 クラブが声明「容認できない」

エバートンに所属するイタリア代表FWモイーズ・キーン【写真:Getty Images】
エバートンに所属するイタリア代表FWモイーズ・キーン【写真:Getty Images】

エバートン若手FWキーン、プライベートなSNSから動画が流出

 エバートンのイタリア代表FWモイーズ・キーンが、新型コロナウイルスの流行に寄るロックダウン(都市封鎖)の措置が取られているなかでホームパーティーに興じる様子をSNSにアップして波紋を呼んでいる。クラブは「強く失望している」と声明を発表した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」などが報じている。

 英国では新型コロナウイルスによる死者数が2万人を超えた。感染拡大は止まらず、さらなる感染拡大を防ぐために国内では3月23日からロックダウンを敢行。今月16日にはその期間をさらに3週間延長し、不要不急の外出が禁止されていた。

 そうしたなかでエバートンに所属するキーンは、英紙「デイリー・スター」によるとアパートに複数の女性などを集めてパーティーに興じており、その様子を収めた動画がプライベートなSNSから流出した。これが大きな波紋を呼んでいる。所属するエバートンはキーンの行動に“ショックを受けている”とし、声明では「容認できない」と強いメッセージを発した。

「我々クラブは選手(キーン)に対する強い失望を表明し、そのような行動が容認できないものであると明らかにします。

 エバートンは選手を含め全てのスタッフメンバーに公式のコミュニケーションを通じ、家の内外の規則やアドバイスを含む政府のガイドラインを遵守することの重要性を強調してきました。

 NHS(英国の国民保健サービス)の素晴らしい方々はその勤勉さと献身によって最大限の敬意に値する。彼らに敬意を示す最善の方法は彼らを守るために我々ができる全てのことをやり遂げることです」

 20歳のキーンは昨夏にユベントスから5年契約で加入した期待の逸材。1年目の今季は26試合で1得点とインパクトを残せていなかったが、ネガティブな話題でスポットライトとを浴びる形となってしまった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング