レアル18歳FW、来季はレンタル濃厚!? 外国籍枠の行方に注目「クボの帰還も加味すると…」

久保の将来に影響を与える可能性があるレイニエル・ジェズス【写真:Getty Images】
久保の将来に影響を与える可能性があるレイニエル・ジェズス【写真:Getty Images】

今年1月加入のブラジル人FWレイニエルの去就は?

 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中のサッカーリーグが中断を余儀なくされている。各クラブの経済的な打撃も大きく、今夏の移籍市場にも影響が及ぶことが予想されているなか、スペイン大手紙はレアル・マドリードの18歳FWレイニエル・ジェズスの去就を取り上げ、レンタル中の日本代表MF久保建英(マジョルカ)を含めた外国人枠の“争奪戦”に注目している。

 レアルは今年1月、ブラジルの名門フラメンゴから移籍金3000万ユーロ(約35億円)でレイニエルを獲得。今季いっぱいはBチームであるカスティージャでプレーする予定だったが、新型コロナウイルスの影響によりチームは活動を休止している。

 スペイン紙「マルカ」は「今の大きな問題は、来季のレイニエルをどうするかだ」と取り上げ、レイニエルのレンタル移籍を予測している。

「トップチームに昇格させた場合、ヴィニシウス(・ジュニオール)、ロドリゴ、エデル・ミリトンとブラジル人がEU圏外枠の3枠を占めている領域に踏み込むことになり、タケフサ・クボの帰還も加味すると、彼にとっては実現可能なオプションには思えない」

 レイニエルがトップチームに昇格した場合、マジョルカへのレンタルが6月30日で満了を迎える久保を含めて、外国人枠を巡る激しい争奪戦の可能性を指摘している。

「レイニエルをBチームにとどめておくことが最も賢明な判断かもしれないが、レンタルで放出する選択肢も除外していない」

 レイニエルの動向は、久保のレアル復帰の行方にも大きな影響を及ぼしそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング