金字塔の海外助っ人FW、日本で戦う覚悟表明 「Jリーグを広めるために努力したい」

「柏のキング」たる所以、コロナ騒動に直面も成長に貪欲「改善するのに良い時期」

 柏のエースとして今季もフル稼働が期待されるオルンガは、今季J1開幕節の北海道コンサドーレ札幌戦でも2ゴールをマークするなど相手に脅威を与え、4-2の勝利に貢献している。

 幸先の良いスタートを切ったオルンガだが、新型コロナウイルスの影響で開幕節後にシーズンは中断。Jリーグが再開に向けて協議を進めており、様々なプランが浮上しているが、いまだ目途は立っていない。選手にとってもどかしい時期が続くものの、オルンガは「ピッチの上では完璧にできない部分を改善するのに良い時期なのかもしれない」と前を向く。

 FIFAが「柏のキング」と称する所以がここにある。貪欲に成長を求めながら異文化に適応し、ピッチで自らの能力を存分に披露する姿は、まさにストライカーの名にふさわしい。オルンガは成功法則について持論を展開し、「成功の要因は、すべて失ったと感じたとしても、とにかく集中し続けることだ。1日の終わりに、何か偉大なことを成し遂げることができると信じること」と力を込めた。

 1試合8ゴールのJリーグ新記録を打ち立てたケニア代表FWは、どんな状況に直面しても成長を求め、ピッチ上で自分のプレーを表現する日に向けて静かに牙を研いでいる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング