湘南「37選手の最新市場価格ランキング」 五輪世代MF齊藤が“1億円突破”、1.4億円で1位は?

湘南の山田直輝(左)と齊藤未月の評価額は…【写真:Getty Images & 高橋学】
湘南の山田直輝(左)と齊藤未月の評価額は…【写真:Getty Images & 高橋学】

【J1クラブ別推定市場価格|湘南編】新加入は総勢22人、タリクと茨田の2選手が高評価

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により第2節から中断が続く今季のJ1リーグは、5月23日に予定されていた第15節までの開催延期を決定した。現状ではまだ1試合しか行われておらず、各チームの戦力を把握しきれていないファンも多いはずだ。そこで今回は、視点を変えた各チームの戦力分析を進めたい。

 ドイツの移籍専門サイト「transfermarkt」が更新している選手の“市場価格”は、その選手の価値を測るために評価を数値化したもので、“推定移籍金”に近い意味を持つ。この市場価格をチームごとにまとめて比較・分析することで、J1リーグにおける各チームの戦力が見えてくる(※登録選手リストはJリーグ公式サイトを参照。市場価格は今季開幕時点)。

■湘南ベルマーレ(昨季16位)
選手市場価格総額:16億200万円
チーム内最高額選手:タリク(1億4400万円)

 昨季の湘南ベルマーレは、予期せぬ形で曹貴裁監督が退任することになり、それをきっかけにして勝利から遠のいた。一時は10位だった順位も16位へと急降下し、最終的にはプレーオフに回ってなんとかJ1残留を決めた。今季を迎えるにあたり、改めてチームを構築し直す必要があったが、主力だったDF杉岡大暉(→鹿島アントラーズ)やFW山﨑凌吾(→名古屋グランパス)らが移籍。今季も残留争いに巻き込まれることが予想された。

 しかし、レンタルからの完全移籍、2種登録、特別指定などを含め22人の新加入選手を迎える積極的な補強で、一からチームを作り変える方針のようだ。その新戦力のなかでも、AIKソルナから移籍したFWタリクが1億4400万円でチーム内1位の評価を受け、攻撃の中心として期待される。また、大宮アルディージャから移籍してきたMF茨田陽生は1億2000万円の評価で2位となっており、ボランチとして攻守にわたって中軸となることが期待されている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング