未曾有のコロナ禍で“2130億円”の大暴落 「プレミアの総市場価格」を独メディア算出

(左から)マネ、ケイン、スターリング、サラー、デ・ブライネ【写真:Getty Images】
(左から)マネ、ケイン、スターリング、サラー、デ・ブライネ【写真:Getty Images】

リーグ中断の影響で選手の価値が軒並み下落 最高額はスターリングで151億円

 世界規模で感染が拡大する新型コロナウイルスの影響により、英プレミアリーグにおける選手の市場価格が急落していると、ドイツのサッカー情報サイト「Transfermarkt」が報じた。リーグ全体では総額で18億ユーロ(約2130億円)以上の下落となった

 未曾有のウイルス拡散は、サッカー界にも大きな打撃を与えている。世界中でサッカーイベントが軒並み延期、中断に追い込まれ、クラブの収入は激減。終盤戦を迎えていた欧州各国のリーグ戦もこのまま打ち切りとなる可能性があり、巨額の放送権料収入が見込めない深刻な状況さえ想定されている。また、バルセロナなど選手の給与カットを強いられているクラブも続出している。

 そうした影響は今後の移籍市場にも及ぶことは間違いなさそうで、近年高騰の一途を辿っていた選手の市場価格もデフレーションを起こしているようだ。膨大な数の選手データを抱え、独自の指標で選手の市場価格を算出しているサイト「Transfermarkt」は、このコロナ禍でプレミアリーグの選手の市場価格は、総額で18億ユーロ(約2130億ポンド)以上の下落になったと報じている。

 チーム全体の市場価格が最も大きな下落幅を記録したクラブはマンチェスター・シティ。チーム全体で市場価格は2億5000万ユーロ(約295億円)減で、10億2000万ユーロ(約1206億円)となった。

 また、プレミアリーグ最高額の評価だったシティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングの市場価格は、1億6000万ユーロ(約189億円)から1億2800万ユーロ(約151億円)まで下がっている。その他にもシティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネやリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインなど、トップ選手の多くは市場価格を20%ほど下落させているという。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング