柏木陽介、「一番年の離れた」大物芸人の“友人”と食事会ショット公開 「気づいたら4時間近く…」

浦和レッズMF柏木陽介【写真:Getty Images】
浦和レッズMF柏木陽介【写真:Getty Images】

柏木が加藤茶の自宅を訪問した様子を公式インスタグラムで公開

 浦和レッズの元日本代表MF柏木陽介が10日、公式インスタグラムを更新した。「一番歳の離れた友達」という大物芸人・加藤茶の自宅を訪問したようで2ショットを公開。意外な組み合わせにファンから反響を呼んでいる。

 柏木はサンフレッチェ広島ユースから2006年にトップチームへ昇格。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現・北海道コンサドーレ札幌監督)の下で主力として活躍した。10年には浦和へ移籍。16年からは10番を背負い、18年、19年には主将としてチームを率いた。

 昨季は負傷に苦しみ、リーグ戦17試合の出場にとどまった柏木。再スタートとなる今季は、2月21日に行われた湘南ベルマーレとの開幕戦(3-2)で先発出場を果たし、勝利に貢献した。現在Jリーグは新型コロナウイルスの影響で、3月中の全公式戦の延期が決定。各クラブは再開に向けて練習に臨んでいる。

 そんななか、柏木は公式インスタグラムを更新。「カトちゃんの家に行ってきた」と綴り、大物お笑い芸人の加藤茶の自宅を訪問し、妻の綾菜さんの手料理をご馳走になったようだ。意外な組み合わせだが、「いつもあっという間に時間が過ぎてしまうことにビックリ。気付いたら4時間近く喋ってた。一番歳の離れた友達やけど、いつもいい刺激もらえてて、最高な夫婦やな」と、“友人”との楽しい時間を報告した。

 最後には、中断中のJリーグについても言及。「また中断延びたけど、いい準備して、がんばるで!!!!」とし、再開を心待ちにする様子を明かした。これにはコメント欄でファンからも「世代も職種も違う人とお話できるのって貴重ですよね」「レジェンド」「わーすごい ドリフターズ楽しみだった(笑い)」「なんの繋がりだよ?(笑)」など、大きな反響を呼んでいる。柏木にとっては英気を養ったオフは、貴重なひと時となったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング