シティDFラポルテがレアル戦で負傷 再び戦線離脱の危機で名将ペップの悩みの種に…

CLレアル戦で負傷したマンCのDFアイメリク・ラポルテ【写真:Getty Images】
CLレアル戦で負傷したマンCのDFアイメリク・ラポルテ【写真:Getty Images】

昨年8月に膝の負傷で長期離脱 レアル戦が復帰後4試合目の公式戦だったが…

 マンチェスター・シティは現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦の第1戦でレアル・マドリードに2-1で勝利を収めた。第2戦に向けて大きなアドバンテージを手にした一方、フランス代表DFアイメリク・ラポルテが負傷で再離脱するアクシデントにも見舞われた。

 ラポルテは昨年8月のプレミアリーグ第4節ブライトン戦で膝を負傷し、そこから長期離脱となった。今年1月にようやく戦列に復帰し、このレアル戦は復帰後4試合目の公式戦だった。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督からの信頼も厚いレフティーはセンターバックとしてスタメンに名を連ねたが、前半33分に負傷。MFフェルナンジーニョとの交代を余儀なくされ、再び戦線離脱の危機に直面している。

 スペイン紙「AS」もラポルテの再離脱を報じ、「ペップ・グアルディオラは今季、ファーストチョイスの4バックを維持することに問題を抱えている」と指摘。ラポルテに加え、この試合でイエローカードを受けた左サイドバックのDFバンジャマン・メンディも次戦は出場停止となるため、リードを守りたい第2戦では守備陣の構成を練り直す必要が生じている。

 また、記事では「影響力のあるヴァンサン・コンパニを昨夏に放出した後に、補強を行わなかったクラブの決定には多くの人が疑問を抱いている」との指摘もされている。

 CL準々決勝進出に一歩前進したシティだが、頼れるセンターバックの離脱は大きな打撃となりかねないだけに、重傷でないことを願うばかりだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング