「Jリーグより“圧倒的劣勢”」 Kリーグの「暗い現実」に韓国が危機感「悲惨な結果」

監督の質も両リーグの結果を左右しているポイント 「キャリアが本当に華やか」

 選手だけでなく、監督の質も両リーグの結果を左右しているポイントの一つに挙げた。「AFCチャンピオンズリーグに参加するチームの監督を見ると、キャリアが本当に華やかだ」と記し、次のように続ける。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「横浜F・マリノスの(アンジェ・)ポステコグルー監督はAリーグ王者で、オーストラリア代表監督も務めた。ヴィッセル神戸の(トルステン・)フィンク監督はハンブルク、FCバーゼルなどを率い、ヨーロッパでキャリアを積んだ。この他にも、Jリーグは有能な自国の監督と外国人監督がおり、様々な戦術が加わり、自然とゲームの質向上につながっている」

 では「Jリーグの復活は示唆するところが大きい」と指摘。「Jリーグは安定した投資で着実に成長を続けている。ここで、自分たちのサッカーをアップグレードさせてくれる有能な選手と監督を迎え入れることに、手間暇を惜しまなかった」と戦略的成長を称えている。その一方で、近年のパワーダウンが目立つというKリーグについて、「安定した投資の減少と有望な選手の離脱が続いている」と嘆いている。

 ACL序盤戦は明暗が分かれているJリーグ勢とKリーグ勢。果たして、その差は広がっていくのだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド