「納得がいかない」 原口元気、後半ATの失点に怒り…トップ下&ボランチで募る苦悩

ハノーファーでプレーする日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】
ハノーファーでプレーする日本代表MF原口元気【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】2位ハンブルガーSV相手に善戦も…勝利目前で同点弾を許す

 悔やんでも悔やみきれない幕切れだった。

 日本代表MF原口元気が所属するハノーファーは、15日に行われたブンデスリーガ2部第22節で2位ハンブルガーSVと対戦。先制点を挙げたハノーファーは、18年12月のバイエルン戦以来の満員となったホームスタジアムの声援をバックに、相手の猛攻を耐えて耐えてなんとか凌いで、あと少しで勝ち点3を手にできるところまで持ち込んでいた。だが、ラストワンプレーとなったCKからまさかの同点ゴールを喫してしまう。途中出場のハンブルガーFWヨエル・ポーヤンパロに、完全にフリーでヘディングシュートを決められたのだ。試合終了の笛が鳴ると、ハノーファーの選手は次々にグラウンドに倒れ込む。原口もそうだった。

 ハンブルガーのディーター・ヘッキング監督が、「ハノーファーは守備がコンパクトで、我々は特に前半スピードが遅く、判断力も良くなかった。失点は最初のビッグチャンスから奪われてしまった。試合を通して2つ、3つのチャンスがあったことを考えると、最後の瞬間で決められたのは幸運もあったが、最終的には順当な引き分けだったと思う」と試合を振り返っていたが、確かに全体的な流れからしたらそうかもしれない。ハノーファーのケナン・コチャク監督もその点は認めつつ、やはり土壇場で勝ち点を逃した結果を悔やんでいた。

「イメージ通りの試合展開にはなった。相手のスペースを潰し、コンパクトを保ち続けた。アプローチも良かった。1-0と先制点を挙げた後は、そこからいくつかの危険なシーンを乗り越えなければならないというのは分かっていた。だが、最後の最後でまた失点してしまったのは……。痛い」

 原口は試合後のミックスゾーンに姿を現すと、言葉を探し続けた。頭の中を冷静にさせようと時間を取る。最後の失点シーン、なぜフリーでシュートを許してしまったのか。コーチングのミスだったのか。コミュニケーションの欠如だったのか。ベンチからの指示がしっかりと伝わっていたのか。

 分からない。だが、分からないで済ましていい問題ではなかった。「ちょっと納得がいかないです」とこぼした原口。試合後のピッチでは怒りを抑えることができずに、コーチに怒りの声を上げ、周りになだめられる一幕もあった。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング