「納得がいかない」 原口元気、後半ATの失点に怒り…トップ下&ボランチで募る苦悩

ハノーファー監督、ポジティブな気持ちを忘れずに戦う大切さを強調

 せっかくチームにまとまりが出てきているのだ。シーズン序盤と比べたら、明らかに全体的なバランスも良くなってきている。だが、勝利がついてこない。ここをどう乗り切ればいいのか。

「勝てないですね。この3試合で2回ロスタイムにやられて、勝ち点4を失っているから。それで勝てていたら3連勝だったわけで」

 流れに乗れれば、一気に順位を上げていくこともできるはず。だが、そのきっかけがなかなかつかめない。気も滅入ってくるかもしれない。だが、そんな時だからこそ、自分たちを信じて、一つになって取り組んでいけるかが大事になる。コチャク監督はポジティブな気持ちを忘れずに続けていくことの大切さを口にしていた。

「勝ち点3を取れなかったのは残念だが、ここからの試合に向けてまた立ち上がり、戦っていく」

 その姿勢こそが、道を切り拓いていくのだ。


(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング