FWわずか3人… デンベレ再離脱のバルセロナ、ストライカー緊急補強の可能性は?

復帰が難しくなったバルサFWウスマン・デンベレ【写真:Getty Images】
復帰が難しくなったバルサFWウスマン・デンベレ【写真:Getty Images】

スペインには特例的に補強を認める条項があるが…

 フランス代表FWウスマン・デンベレは、2017年夏に1億500万ユーロ(約136億円)でドルトムントからバルセロナに加入。しかし2年半が経ち、負傷が続くデンベレの獲得は明らかな失敗となっている。復帰間近と報じられていたなか、練習中に再び負傷。スペイン紙「マルカ」は、バルセロナがストライカー不足で緊急補強に出る可能性を報じた。

 現地時間3日の練習を途中で切り上げたデンベレは、右足大腿二頭筋の腱を断裂したと診断された。この結果、数カ月の離脱を強いられ、今季中の復帰は絶望的だという。

 デンベレとウルグアイ代表FWルイス・スアレスが今季絶望の怪我を負ったバルセロナには現在、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、スペイン人FWアンス・ファティの3選手しかFWがいない。しかも、ファティはまだ技術的にもアカデミーの選手だ。

 スペインリーグには、移籍市場期間外でも特例的に選手補強を認める条約がある。ただし、全治5カ月以上の負傷をした選手が出た場合であり、獲得できる選手は国際移籍証明書を必要としない、スペイン国内でプレーしている選手に限定される。

 さらにバルセロナが追加の移籍をリクエストするためには、デンベレが移籍期間終了後に負傷したことを示す公式な書類を準備しなければならない。ただし、それができるのは負傷から1カ月後のことであり、さらにこの書類がスペインの医師団で構成される医療相談所で通らなければならないという。これが認められれば、バルセロナは15日間にわたって新たなライセンスを発給できるようになる。

 もっとも、この負傷によってデンベレのバルセロナでの生活は終わりを告げることになりそうだ。負傷が完治した場合、バルセロナは次の移籍市場で2年の契約を残しているデンベレを売却し、新たな選手を獲得するための資金を集めることが見込まれている。

 キケ・セティエン監督は、1月にスアレスの代わりとなるストライカーを獲得しなかった理由にデンベレ復帰も挙げていたが、市場閉幕から1週間も経たないうちに大きな誤算が生じてしまった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング