ベイルの“独特なルーティン”に元英国代表FWも衝撃 「トーストの上に豆を乗せ…」

トッテナム時代のピーター・クラウチ氏(左)とFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】
トッテナム時代のピーター・クラウチ氏(左)とFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

FWクラウチ氏、トットナム時代の同僚だったベイルの習慣について告白

 元イングランド代表FWピーター・クラウチが、トットナム時代に同僚だったウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の独特なルーティンを英サッカー専門誌「フォー・フォー・ツー」のインタビューで明かした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2メートルの長身が特徴的なイングランドの名ストライカーのクラウチ氏。いくつものクラブを渡り歩いたことで有名だが、プロデビューを果たしたクラブがトットナムだ。2009年から11年に在籍した際にはベイルともチームメートだった。

 当時から期待の若手選手として注目を浴びていたベイルだが、その名を世界に知らしめるきっかけの一つとなったのが2010−11シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージで対戦したインテルとの2試合だろう。敵地サンシーロでの第3節(3-4)ではハットトリックを達成し、ホームに戻ってのリターンマッチ(第4節/3-1)では元ブラジル代表DFマイコンをスピードで圧倒する圧巻のドリブルを披露し、クロスから2アシストを記録した。

 同僚だったクラウチは「僕はベイルがインテンシティーの高いランニングでマイコンを引き剥がす姿を見ている。“彼はいったいどうやったんだ?”と考えていたよ」と当時を振り返っている。そしてクラウチはベイルの圧倒的なプレーを生み出す秘訣について探っていたという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」