日本代表は「森保の力量を超えていた」 英記者が“後任”を緊急提言「両方を満たせる人物」

インテンシティーが欠けていた日本の選手たちは球際で後手に回った【写真:Getty Images】
インテンシティーが欠けていた日本の選手たちは球際で後手に回った【写真:Getty Images】

森保監督の指導力に疑問符 「グアルディオラでさえやるのに…」

 だが、問題は他にもあった。森保監督の戦術は崩壊状態にあった。サウジアラビア戦の黒星に関してはポジティブな要素も数多くあった一方、2試合とも敗戦に直結するミスがあった。シリア戦においては、日本は平凡だった。FWは活気がなく、動き出しの欠落はシリア側にあまりにも簡単に余裕を持たせすぎた。インテンシティー(プレー強度)もなく、推進力もなく、アタッキングサードの脅威もなかった。

 シリア戦に向けた森保監督の采配は、不十分な点があまりにも多かった。彼は対戦相手を見くびり、サウジアラビア戦の黒星による悪影響を考慮することよりも、オプションをテストすることに集中しすぎた。敗戦という結果によるグループリーグの立場に対して臨機応変に対応するのではなく、元々のプランに固執していた。

 これらの問題は、指揮官が浸透させた文化によるところが大きい。

 対照的な指揮官であるフットボール純粋主義者のジョゼップ・グアルディオラ監督が分かりやすい例だが、彼ですら選手たちに戦術的ファウルを容認している。対戦相手のリズムを崩し、脅威を排除するためだ。グアルディオラでさえやるのに、森保監督が選手たちにイエローカードを覚悟するプレーを教え込むことに、一体なんの害があるというのだろうか。特にシリア戦の終盤で起きた結末のように失点するよりも、よっぽどマシだ。

 また、森保体制は他の指揮官なら浸透させることのできるスマートさに欠けている。Jリーグで残した功績に対しても、どんどん懐疑的な視線が向けられ始めている。「結果がすべて」の国際舞台は、彼の力量を超えていた。A代表と五輪代表の掛け持ちを彼に託したことは間違いだった。

 現在の問題は、彼が務めている役割の一方、または両方を剥奪すべきかどうかだが、五輪代表を解任されるような人物がA代表でも継続性を発揮できると考えるのは難しい。一つの役割を取り払い、もう一つは維持することになっても、ロッカールームでの彼への信頼は失墜するだろう。

page1 page2 page3

マイケル・チャーチ

アジアサッカーを幅広くカバーし、25年以上ジャーナリストとして活動する英国人ジャーナリスト。アジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ6大会連続で取材。日本代表や日本サッカー界の動向も長年追っている。現在はコラムニストとしても執筆。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」