レアルDFが激白 元同僚C・ロナウドとの共闘回想、「絶頂期」と絶賛する相手は?

レアル・マドリード在籍9年目を迎えたDFラファエル・ヴァラン【写真:Getty Images】
レアル・マドリード在籍9年目を迎えたDFラファエル・ヴァラン【写真:Getty Images】

レアル在籍9年目のヴァランが母国誌のインタビューで語る“ビッグクラブの重圧”

 今季、レアル・マドリード在籍9年目のフランス代表DFラファエル・ヴァランが、レアルで感じたことやチームメイトについてフランス誌「Onze Mondial」のインタビューで語っている。

 ヴァランはジネディーヌ・ジダン監督からの勧誘で、2011年にレアルへ加入。それから、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は3連覇を合わせて4回制覇、リーガ・エスパニョーラは2回制覇するなど、在籍期間にタイトル16個を獲得している。さらに、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)も制しており、26歳という若さにして数多くのタイトルを勝ち取っている。

 ヴァランは新天地レアルに渡ってから、プレッシャーの大きさが桁違いに大きいことを実感したと語る。

「違うタイプのプレッシャーだ。毎日、多くの新聞、テレビ、ラジオなどで取り上げられ、マドリードで起きていることはしばしば世界中で反響を呼ぶ。世界的にだ。クラブ内でのプレッシャーもとてつもなく大きい。ファンの要求も極めて高く、勝つのはいいことだが十分でない。常に自分のプレーを向上させなければならない。引き分けは最悪。レベルの水準が他のクラブよりも非常に高いんだ。私たちはこれを実感しているし、それと共存している。しかし、サッカー選手なら誰でもそうできるわけではない。うまく対処できない選手たちも見てきた」

 また、2018年夏にレアルを退団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)と同じチームでプレーできたことについて、「素晴らしいことだ。人間的にもサッカーのレベルにおいても、これ以上の言葉が見つからない」とコメント。さらに、イタリアに渡ったスーパースターへ称賛の言葉を続けた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング