初タイトルを狙う神戸、天皇杯決勝は2-0リードで後半へ 現役引退のビジャは後半出場なるか

ヴィッセル神戸FW藤本【写真:高橋学】
ヴィッセル神戸FW藤本【写真:高橋学】

藤本が2ゴールに絡んで大一番で2点のリードを奪う

 改装された国立競技場における日本サッカーの新年初試合、天皇杯決勝が1日にヴィッセル神戸と鹿島アントラーズによって行われ、初タイトルを狙う神戸が2-0とリードを奪って前半を終えた。

 2014年の元日以来となる国立での元日決戦に、クラブ初タイトルを狙う神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがスタメン出場。このゲームが現役ラストゲームになる元スペイン代表FWダビド・ビジャはベンチスタートになった。一方の鹿島は今季限りの退任が決まっている大岩剛監督のラストゲームに、リーグ戦と同様に伝統の4-4-2システムで臨んだ。

 立ち上がりこそ鹿島が圧力をかけたものの、ゲームは次第に神戸がボール保持率を高める展開になった。そのなかで前半10分にはイニエスタが素早く始めたフリーキックをMF西大伍がゴール前につなぎ、FW古橋享悟が狙ったがわずかに枠外。続く同13分には右サイドを切り崩した古橋のラストパスをFW藤本が狙ったが、これも枠外に外れた。

 しかし、神戸はそのペースのまま先制点を奪った。前半18分、左サイドからMF酒井高徳が切り込むと、ポドルスキがフォロー。ペナルティーエリア内のゴールライン際からポドルスキが中央に返したボールを鹿島GKクォン・スンテが弾くと、そのボールが鹿島の選手に当たって転がり込んだ。このオウンゴールが“新・国立競技場”での第一号となり、神戸が1-0のリードを奪った。

 その後、鹿島は前半26分にセットプレーのこぼれ球をFWセルジーニョがジャンピングボレーで狙ったが枠外。逆に神戸も同28分にイニエスタのパスを受けた酒井が折り返したボールをポドルスキが押し込んだが、酒井へのパスが通った時点でオフサイドという判定で追加点にはならなかった。

 そして前半38分、神戸は西が右サイドからゴール前に低いボールを送ると、鹿島DF犬飼智也がクリアできずに背後にボールをこぼしてしまい、それを藤本が難なく押し込んで2点目。大きな追加点を得て神戸が2-0とリードしてハーフタイムを迎えた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング