降格危機のウェストハム、モイーズ体制“第2章”へ 1年半ぶり再登板「誇らしく思う」

ウェストハムにデイビッド・モイーズ氏が新監督として就任【写真:Getty Images】
ウェストハムにデイビッド・モイーズ氏が新監督として就任【写真:Getty Images】

ペジェグリーニの後任として帰還、1月1日のボーンマス戦が復帰初戦に

 ウェストハムは29日、デイビッド・モイーズ氏が新監督に就任したことを正式発表した。モイーズ氏にとって、ウェストハムの監督に就任するのは2017年以来、二度目のこととなる。英公共放送「BBC」がモイーズ氏のコメントを伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 28日に行われたレスター・シティ戦に1-2で敗れたウェストハムは、降格圏手前の17位に低迷する現状を受け、マヌエル・ペジェグリーニ監督を解任。翌29日にモイーズ氏の新監督就任を発表した。

 2017年11月から7カ月にわたって指揮を執ったウェストハムに戻ったモイーズ氏は、「途中で止まっていた仕事をやり遂げるために戻ってきた気分だ」と意気込み、「ウェストハムに戻ってくることができて、とても誇らしく思う。自分に何ができるか、何を改善できるか、そして選手たちとどれだけ勝利をつかめるかを見つけることが、何よりも重要になってくる」とのコメントを発表している。

 2017年に指揮を執った際は、31試合で9勝10分12敗という成績だったが、「以前、監督に就任した時よりも、現在のチームのほうが良い選手が揃っていると感じている。だからこそ、彼らとの仕事が楽しみだ」と、消化試合数が1試合少ないものの、降格圏の18位アストン・ビラと勝ち点差わずか「1」に低迷するチームの立て直しに自信を見せた。

 さらにモイーズ監督は、「私たちには短期的なゴールがある。いくつかの勝利を重ね、リーグの間違った端から抜け出さなければいけない。これから半年で何をやるか、その先の期間で何をやるかよりも、スタートに集中することが必要だ」と語り、目前の試合で結果を出す重要性を強調した。

 2017-18シーズン終了時にウェストハムで任期満了を迎えてから、フリーになっていたモイーズ新監督。2020年1月1日に開催される第21節ボーンマス戦から始まるウェストハムでの第2章は、どのようなものになっていくだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  9. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  10. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」