ペップ監督、リーグ戦で白旗宣言? 首位リバプール追走も本音「追いつくのは非現実的」

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

2位レスターに勝利したシティ、首位リバプールと暫定勝ち点11差と苦戦

 マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督が、プレミアリーグ首位を走るリバプールに追いつくのは「非現実的だ」と語った。シーズン折り返し時点で勝点11差をつけられたライバルに対し、事実上の白旗宣言となった。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

 現在プレミアリーグ3位につけるシティは現地時間21日に2位のレスター・シティと対戦。アルジェリア代表MFリヤド・マフレズが古巣相手にゴール決めて3-1と勝利。レスターとの勝点差を1に縮めた。

 しかし、それでも首位リバプールとの差はまだ11ポイントも開いている。しかもリバプールはクラブ・ワールドカップ出場の影響で1試合消化が少ない。悲願のプレミア初制覇を目指すライバルに大きく水をあけられている状況だ。

 シティを率いるグアルディオラ監督は「レスターがリバプール相手にいいパフォーマンスをしてくれることを願う」と次節(現地時間26日)に行なわれる上位直接でリバプールに土がつくことを期待しながらも、本音ではその背中を捉えるのは困難だと考えているようだ。

「しかし、70試合で60勝を挙げるようなチームに追いつくと考えるのは非現実的だよ。もしも彼ら(リバプール)が何試合か負けて、我々が勝ち続けたとすれば何が起こるかは分からない。でも彼らが10、11、12試合で4回も5回も負けるとは思っていない。彼らは信じられないほど強いチームだからね」

 グアルディオラ監督はリバプールの際立った強さを称賛。そして「我々はレスター戦でやったようにリラックスしてプレーし、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保するためにトライしなければならない。その後のことはどうなるか分からない」と現実的な目標はタイトルではなくCL出場権獲得に定めていると語っていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング