「サラーとマネが夢となる」 リバプールの“南野システム”を英紙紹介「大役を務める」

(左から)リバプール入りが発表された南野と前線のサラー、マネ【写真:Getty Images】
(左から)リバプール入りが発表された南野と前線のサラー、マネ【写真:Getty Images】

リバプール加入が正式発表された南野 英紙も太鼓判「フィルミーノと役割が類似」

 リバプールは現地時間19日、ザルツブルクの日本代表MF南野拓実と来年1月からの加入で契約合意に達したことを正式に発表した。英紙は南野がリバプールで務める役割について、「フィルミーノの代役を演じる能力を備えている」と太鼓判を押し、「サラーとマネの走り出しは、南野にとっての夢となるだろう」と指摘している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 南野がリバプールを驚かせたのはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2節での対戦(3-4)だった。要塞アンフィールドで豪快なボレー弾を叩き込み、1ゴール1アシストの大活躍を披露。リターンマッチとなった第6節(0-2)でも、縦横無尽な走りで決定機を演出するなど、リバプール守備陣を苦しめていた。

 この活躍を機に、英国内ではリバプールが移籍金設定額の725万ポンド(約10億4000万円)を支払って南野の獲得に乗り出すニュースが一斉に飛び交っていたが、ついにクラブ公式サイトで南野の来年1月1日付での加入が正式に発表されることになった。公式SNSでは、南野が契約書にサインを交わす様子や、背番号18のユニフォームに袖を通す姿が投稿されている。

 そんななか、英紙「デイリー・メール」は「サラーとマネの走り出しは、南野にとっての夢となるだろう。彼はクロップのために大役を務めることができる」と見出しを打って報じ、南野の起用法について特集を組んでいる。

 記事では、「南野はフィルミーノの代役を演じる能力を備えている。彼はザルツブルクで似通ったシステムでプレーしていた」と、リバプールで“偽9番”を務めるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのバックアッパーとして適役であることを指摘している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」