監督交代の低迷アーセナルに“混乱”勃発 オーバメヤンが今冬での退団を“切望”か

アーセナル退団を切望していると報じられたオーバメヤン【写真:Getty Images】
アーセナル退団を切望していると報じられたオーバメヤン【写真:Getty Images】

英紙「デイリー・ミラー」が主力の去就を報じる

 監督交代に揺れるアーセナルにさらなる激震だ。昨季のプレミアリーグ得点王、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが今冬の移籍市場での退団を切望していると英紙「デイリー・ミラー」が報じた。同選手はクラブでの現状に不満を感じているという。

 今季のアーセナルは序盤戦で大きく出遅れ、17節を終えた時点で10位に低迷。先月、就任2年目のウナイ・エメリ前監督を解任した。次期監督の人選には注目が集まっていたが、アシスタントコーチのフレドリック・ユングベリ氏による暫定指揮を経て、クラブOBのミケル・アルテタ氏の新監督就任が現実味を帯びている。

 しかし、アーセナルが解決すべき問題は他にも山積しているようだ。とりわけ注目されているのは契約が残り1年半となったエースFWオーバメヤンの処遇だ。スイス代表MFグラニト・ジャカに変わって新キャプテンに任命されたガボン代表FWだが、クラブでの現状には満足しておらず、今では退団を熱望しているという。

 3年契約で就任に向けて合意に達しているというアルテタ氏だが、いきなり大きな課題と直面することになりそうだ。記事では「彼(アルテタ)の最初の仕事は、オーバメヤンやアレクサンドル・ラカゼット、グラニト・ジャカなどのクラブのビッグネームたちを説得すること」と記されている。

 チーム最大の得点源であるオーバメヤンを失うことになれば、クラブにとっては大きな打撃となることは間違いない。古巣復帰に近づくアルテタ氏だが、指揮官としては荒波の中での船出となりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング