香川真司、“初アシスト”導く絶妙トラップをスペイン紙称賛 「素晴らしいコントロール」

アシストをマークしたサラゴサMF香川【写真:Getty Images】
アシストをマークしたサラゴサMF香川【写真:Getty Images】

ラシン戦に4試合ぶりの先発、先制点を演出しスペイン移籍後初アシスト

 レアル・サラゴサの元日本代表MF香川真司は、現地時間14日に行われたスペイン2部の第20節ラシン・サンタンデール戦に4試合ぶりにスタメン出場すると、前半19分にスペイン移籍後初アシストをマークするなど、2-0の勝利に貢献した。スペイン紙「AS」は、香川に対して高い評価を与えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 得意のトップ下のポジションでキックオフの笛を聞いた香川は、自身の特徴である動き出しからボールを引き出す動きを何度か見せる。すると前半19分、MFグティからのロングフィードに対して抜け出し、香川らしいトラップから左足で冷静にラストパス。これをコロンビア人FWルイス・スアレスが豪快に蹴り込み、サラゴサが先制ゴールをゲットした。

 この先制点の一連のシーンには「カガワは素晴らしいコントロールからスアレスにボールを戻し、最終的に(相手GKの)ルカ・ジダンを打ち破った」と同紙も絶賛するほど。その後も20位と降格圏に沈むラシン相手に攻勢をかけ続け、香川もリズムを作るワンタッチパスなどで攻撃を促進した。

 香川は後半22分にお役御免となったものの、サラゴサは終了間際にMFハビ・ロスが追加点をゲットし、勝ち点3を確保。昇格争いを繰り広げるチームにとって久々の連勝となった。同紙の採点ではグティ、スアレス、MFアルベルト・ソロといった面々が満点扱いの“3点”評価となったなか、香川はそれに次ぐ“2点”の評価を得た。また「グティと香川は常に相手の背後を狙っていた」と、隙を見逃さない姿勢についても言及している。

 コンディション不良などにより秋口には苦しんでいた香川だが、ここにきての復調はチームにとっても心強い限りだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】