MLBドジャース共同オーナー、価値5300億円超のチェルシー買収に本腰…ポイントは?

プレミアリーグのチェルシーに買収話が浮上【写真:Getty Images】
プレミアリーグのチェルシーに買収話が浮上【写真:Getty Images】

米億万長者がプレミアのクラブ買収を目論む、一番の狙いはチェルシー

 プレミアリーグで現在4位のチェルシーに、またも買収話が浮上している。オーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏に売却の意思はないというが、MLBのドジャースで共同オーナーを務めるトッド・ボーリー氏は増額して交渉に臨むようだと、英紙「テレグラフ」が伝えている。

 近年、チェルシーを買収しようとする投資家たちは多く、アブラモビッチ氏は過去18カ月間で少なくとも4回は買収の問い合わせを断っている。そのうちの最新がトッド・ボーリー氏からの問い合わせだったという。

 ボーリー氏は以前にも関係会社を使い、トットナムの買収に乗り出していた。しかし、トットナムのダニエル・レヴィ会長はクラブには10億ポンド(約1432億円)の価値があると主張し、売却にあたって自身の留任などいくつかの条件を設けたという。そのために同意には至らなかったようだが、ボーリー氏はプレミアリーグのクラブへの興味を捨てきれないままでいる。

「サッカーは世界最大のスポーツで、情熱があり多くのファンを抱えていてチームは類を見ない。そういったチームを作り上げようとするなら買収するか、コミュニティの一員になるしかない」

 以前に米金融通信社「ブルームバーグ」のインタビューでサッカーチームへの興味を語ったボーリー氏は、チェルシーを買収できる機会を狙っているという。現在チェルシーの価値は37億4000万ポンド(約5356億円)と評価されている。しかし、買収のポイントはその金額ではなく、新スタジアム建設計画にあると「テレグラフ」紙は説明している。

 チェルシーは10億ポンド(約1432億円)の予算で新スタジアムの建設計画を立てていたが、昨年5月から棚上げされた状態になっている。その期限が来年3月末までとなっており、それが迫ったときにアブラモビッチ氏の心に変化が生じると、ボーリーは考えているようだ。

 実際に買収が成立するか見どころとなるが、ボーリー氏は今回のチェルシー買収に失敗したとしても、プレミアリーグのクラブ買収を諦めないだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング