浦和「無冠」の理由 ACL準優勝もJ1で記録的“低迷”…隠しきれなかった攻守の問題点

ACLでは決勝に進みながらも、リーグ戦では思うような結果を出せず【写真:Getty Images】
ACLでは決勝に進みながらも、リーグ戦では思うような結果を出せず【写真:Getty Images】

リーグ戦の1試合平均得点は歴代ワースト2位、得失点差が二桁マイナスは99年以来

 浦和レッズは今季のJ1リーグを勝ち点37の14位という成績で終えた。今季はオズワルド・オリヴェイラ監督の下でスタートを切り、シーズン途中に大槻毅監督に交代したが、攻守ともに課題を解決しきれないままシーズンを終えた。

 最終成績は9勝10分15敗、34得点50失点で得失点差はマイナス16だった。1試合平均得点「1.00」は1993年のJリーグ開幕初年度、10チームでスタートした年の年間36試合で8勝しかできなかったシーズンの「0.72」に次ぐ低さだった。得失点差がマイナスで終わるのも、今季同様に最終節でJ1残留を確定させた2011年以来のこと。年間でのマイナスが二桁となったのは、1993年、94年、J2に降格した99年以来。クラブ史上でも、相当に苦しんだシーズンだったと言えるだろう。

 攻撃力不足は、5月末の監督交代で就任した大槻監督も「改善しきれなかった」と話した。特に「ボールを握りたい」という意向を反映するだけのビルドアップ時の方法論を、チームとして確立できなかったと言える。今季、欠場の時期が長かったMF柏木陽介は、「距離感も良くないし、コンビネーションもまだ課題が。誰が動いたら、どこに誰が動くとか、そういう共通認識が必要なのかなと。それをやっていければ連動性や攻撃も改善されていく」と話した。これは、11月1日の第30節鹿島アントラーズ戦(0-1)後のことだ。

 シーズン開幕直後の3月や4月、あるいは新監督という点で就任2カ月までの段階でのコメントであれば、どこか仕方ない部分もあるだろう。しかし、残り1カ月強しかない時期にこうした言葉が出てくるというのが、組織としての機能性を高められなかったことを如実に示している。確かに最終局面で、FW興梠慎三を除く選手たちの仕留める質が高くなかったのも事実だが、そもそも決定機、あるいは大きなチャンスと感じられるところまで攻撃が進む回数があまりに少ない。これでは、得点力不足となるのは自然なことだ。

 一方で、その攻撃の質が上がらないことが失点増加にもつながった。選手たちは、大槻監督が「相手の長所を消して、自分たちの良さを出そうとする」指揮官だという印象を話していた。そのなかでも「できるだけ前からプレッシャーをかけたい」という意思は、基本的なものだった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング