浦和「無冠」の理由 ACL準優勝もJ1で記録的“低迷”…隠しきれなかった攻守の問題点

ACLでは中国勢を相手に奮闘するも決勝戦で敗退【写真:AP】
ACLでは中国勢を相手に奮闘するも決勝戦で敗退【写真:AP】

ACL中国勢の“外国人頼み”が、浦和のバランスの悪さを助けた

 しかし、攻撃の終わり方が悪いうえに、例えば最終ラインのDF鈴木大輔の言葉を借りると「前が制限できていない時でも、中盤が出ていってしまう」ようなバランスの悪さで、裏返されてしまう。最終ラインが、相手のアタッカーがスピードに乗った状態で対応させられる場面が多くなった。この構図はラスト2試合の第33節FC東京戦(1-1)や第34節ガンバ大阪戦(2-3)でも、何度も繰り返された。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 もちろん、相手にボールを持たれるとブロックを作って守ることになるが、そこからは前述したマイボールの質の低さが顔を出す。最終ラインでようやくボールを奪っても、そこから前進させるところに共通理解や質が伴わないことで、相手の中盤までのラインを越えられずに、結果的に自陣で押し込まれる状態を脱しきれない。これは、特に横浜F・マリノスや川崎フロンターレ、ヴィッセル神戸といったボール保持が上手いチームとの対戦時によく見られた。

 浦和は今季、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では2年ぶり3回目の決勝進出という結果を残した。東アジア、特に中国勢に対しては国内リーグの3強(北京国安、上海上港、広州恒大)をすべて破った。しかし、彼らの持つ強力な外国人選手たちは、攻守の切り替えや浦和ボール時のプレスに熱心ではない。それが、浦和のビルドアップが機能しないところを助けた面は大きい。

 そして浦和の3バックは、個の1対1で相手を抑え込む能力は非常に高い。中国勢が特に連動することもなく、前に預けて任せるタイプの攻撃だったことも守備面のバランスの悪さを隠した。

 浦和にACL制覇へ懸ける強い思いがあったのは事実だが、低迷するリーグ戦との成績が噛み合わない理由には、ピッチ上の理由もきちんとあったと言える。それは前線の個の能力に加えて、組織力も兼ね備えたアル・ヒラル(サウジアラビア)との決勝では、手も足も出ない試合内容だったことからも明らかだろう。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. 「ファンが涙」 イングランド代表のW杯新ユニフォーム、不評デザインに反響拡大「今まで見た中で最悪」

  6. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  9. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  10. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  1. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  8. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」