浦和DF槙野、元バルセロナの「Super legend」との“片寄せ2ショット”に反響

浦和レッズの日本代表DF槙野智章【写真:高橋学】
浦和レッズの日本代表DF槙野智章【写真:高橋学】

香港開催のAFC年間表彰式に参加 元スペイン代表でアル・サッドのシャビ監督と対面

 浦和レッズの日本代表DF槙野智章が2日、自身の公式インスタグラムを更新。名門バルセロナのレジェンドで、現在はカタール1部アル・サッドで指揮を執るシャビ監督との2ショットを公開すると、「ダブルレジェンド」「浦和に連れてきてください」と反響を呼んでいる。

 2019年AFC男子最優秀選手の最終候補にノミネートされた槙野は、2日に行われたAFCの年間表彰式のために香港入り。女子最優秀選手にはなでしこジャパン(日本女子代表)の主将を務めるDF熊谷紗希(リヨン)が初選出された一方で、男子はカタール代表FWアクラム・アフィフ(アル・サッド)が受賞し、槙野は選ばれなかった。

 槙野は自身の公式インスタグラムに、「今年1年の中のアジア年間MVPをかけノミネートされましたが、残念ながら選ばれませんでした。素晴らしい場所にこうやって、大槻監督と来させて頂きまた大きな刺激をもらいました。また、ここに呼んでもらえるように毎日努力しないとだ。さて、日本に向けて帰ります!」と思いを綴った。さらに、別の投稿では一時代を築いたスーパースターとの2ショットを披露している。

 槙野が「Super legend」と称したのがシャビだ。日本代表DFがバルセロナの顔の1人だったシャビと笑顔で映る2ショットに、「ダブルレジェンドやんけすご」「シャビと肩を並べる槙野選手がまた凄い」「羨ましい」「浦和に連れて来てください」といった声がファンから上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング