浦和MF山中、苦境を支えたベテランの存在明かす 「近くに良いお手本がいたことで…」

山中が名前を挙げたのは森脇だった【写真:木鋪虎雄】
山中が名前を挙げたのは森脇だった【写真:木鋪虎雄】

「森脇くんの取り組む姿勢を見て、『やらないといけない』という気持ちになれた」

 大槻監督は山中やマルティノスといった選手たちが、出場機会が少なくてもトレーニングで気持ちを切らさなかったことに感謝の言葉を話していた。山中は、そこには同様に出場機会の少ない時期を過ごしてきたMF森脇良太の姿があったと話している。

「まずは(気持ちを)切らさないことを大切にやってきたので。1つ1つのトレーニングに手を抜かないこと。森脇くんの取り組む姿勢を見て、『やらないといけない』という気持ちになれた。腐らずにやっていて、近くに良いお手本がいたことで、そうやっていられた」

 森脇はその山中の言葉について「特別なことをしたと思ってはいないけど、そう言ってもらえるのは嬉しいですね。そういう意味で、浦和に何かを残せたとは思う。僕もこれまでのキャリアで、そういう先輩の姿を見てきた」と、少しばかりの笑みも見せた。

 キャリアの中でも苦しいシーズンだったが、左足から放たれるアーリークロスやシュートは、やはり一級品のもの。その武器をどのようにチームに組み込んで活用していくのかは、来季以降の浦和に残る課題になっていることも浮き彫りになる試合だった。

【今シーズンのJリーグも佳境!】登録初月無料のDAZNで優勝、昇格、残留争いをチェック!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング