リバプールDF、同僚マネの進化を絶賛 「一つ上のレベル」「ファンタスティックな1年」

リバプールDFロバートソンが同僚FWマネを絶賛【写真:Getty Images】
リバプールDFロバートソンが同僚FWマネを絶賛【写真:Getty Images】

ロバートソンはマネを「世界トップクラス」と称し、サポート役のフィルミーノも絶賛

 リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンは、チームメイトのセネガル代表FWサディオ・マネが今年のバロンドールに値すると称賛した。英紙「デイリー・ミラー」が伝えている。

 2016年にリバプールに入団したマネは、昨季リーグ戦36試合に出場して22ゴールを挙げ、チームメイトのエジプト代表FWモハメド・サラー、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと並んでリーグ得点王を獲得。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも13試合で4得点をマークし、14年ぶり6回目の大会制覇に大きく貢献した。

 2017年からリバプールでプレーするロバートソンは、「サディオはここまでファンタスティックだ。私がここに来た時も素晴らしかったが、今ほどゴール前で冷静ではなかったと思う。今は毎回、彼なら絶対決めてくれると誰もが思う」と、マネを絶賛している。

「彼にとってはここまでファンタスティックな1年なので、暦の上だけではなく残りのシーズンもそれが続くことを願おうじゃないか。彼は自分のパフォーマンスを一つ上のレベルに引き上げた。私からしてみれば、サディオは世界のトップクラスにいる」

 マネは今季もここまでリーグ戦13試合で8ゴールの活躍を見せているが、ロバートソンはマネとサラーを支えるブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのことも称賛した。

「人々は我々の3トップを話題に挙げる。ボビー(フィルミーノの愛称)は他の2人ほどゴールは決めないが、彼の貢献度は唯一無二。彼の働きがなければ、サディオもモウ(サラー)も彼らが今しているようなことはできない」

 リバプールの3トップは個々が素晴らしい能力を持っているが、フィルミーノがマネとサラーを生かすことによって、その威力が増幅されているとロバートソンは主張していた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング