長谷部誠、笑顔で語る日本代表“引退後の今” 「第2、第3のサッカー人生を謳歌しています」

今の代表についても語ってくれた【写真:Getty Images】
今の代表についても語ってくれた【写真:Getty Images】

現代表の動向もチェック 「バランスのいいチームを作っているなと…」

 培った経験を若手に伝えていく。クラブチームでも、そして代表チームでもそうだった。日本代表からは2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)を最後に引退したが、長年キャプテンとして先頭に立って戦ってきた長谷部だ。今でも若き日本代表選手の動向を、しっかりとチェックしている。

「一緒に戦った仲間も多いですし、若い選手も入ってきて、バランスのいいチームを作っているなと思った。もちろん今は(W杯アジア)2次予選なんで、やっぱり最終予選は本当に厳しいので、そこに向けて……。もちろん、いいチーム作りがされているなと思って見ています」

 大陸を飛び交い、長時間の移動と、昼夜逆転する時差のなかで、コンディションを維持し続けるのは、並の努力では無理だったことだろう。その姿、振る舞いから、多くの選手が影響を受けたはずだ。今、フランクフルトで主軸として過密日程を戦う長谷部にとって、代表中断期に取れる休養時間は、心身ともにとても貴重なものなのだろう。

「もちろん、前半戦だけで3回も代表ウィークがあって、これだけ試合が多いので、その間にリカバリーできるのは大きい。僕は代表期間中にのんびり旅行したり、第2、第3くらいのサッカー人生を謳歌しています」

 そう話し、優しく笑う。1人のサッカー選手として、そして1人の人間として、忙しくも充実した毎日を過ごしている様子が窺えた。

 まだ終幕を迎えるつもりはない。クラブとの契約延長を果たし、来季もピッチで躍動する長谷部の姿を、ぜひとも見たいものだ。


(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング