すべてのシュートを止める―― 大迫敬介、“泥まみれ”の先に見据える最高GKへの挑戦

東京五輪出場、海外でのプレーもあくまで成長過程の“通過点”

 11月13日、広島とのトレーニングマッチで大迫敬介は、ドウグラス・ヴィエイラが放った決定的なシュート、しかも味方DFに当たってコースが変わるというアクシデントにもかかわらず、左手1本で防いでみせた。しかしその直後のCKで失点。所属チームから受けた洗礼に、表情を歪めた。

 試合後、彼はまたしてもゴールマウスの前に立ち、シュートを受け続ける。時間の制約のある代表チームでは、自分だけが居残ってトレーニングすることはない。しかし、もし自由に時間を使えたならば、大迫敬介はきっと、泥だらけになってピッチを転がるのだろう。東京五輪はもちろん、彼にとっても大切な大会。その先に海外でのプレーを夢見ていることも間違いない。しかし、それはあくまでも、成長の過程における通過点に過ぎない。

 すべてのシュートを止める。決定的なシュートを決めさせない。

 シンプルではあるが最高のGK像を目指し、大迫敬介は泥にまみれる。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(中野和也 / Kazuya Nakano)

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング