宮市亮が長谷部&鎌田を称賛 「とんでもない人」「タレント性がある」

鎌田の状況判断の良さに感嘆 「周りがよく見えていて、凄くいい選手」

 鎌田に関しては、状況判断の良さが特に光っていたようだ。2トップの一角で起用された鎌田は、精力的に両サイドに流れながらボールを引き出そうと走り回った。ハードな守備をしてくるザンクト・パウリの選手相手に、鋭いステップでスッといなしたり、上手くドリブルで持ち運んだりして好機を演出。後半はコンディション的に味方選手が押し上げて攻撃のサポートをするのが難しいことを感じ取ると、ボールをキープしたり、相手に突っかけてファウルをもらうほうへとプレーの優先順位を変更していた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合後には鎌田自身が、「もちろん、前の選手は走る量も違うと思うし、自分の100%でずっとシーズンを通してやるのは難しいと思います。その時できる自分のプレーの100%を出さないと、と思う。今日はチームも苦しかったと思うし、後半は頑張ってボールキープしたりだとか、ファウルをもらったりだとか、そういうふうに持っていきました」と振り返っていたが、そのプレーぶりは宮市にとっても印象的だったようだ。

「今日も縦パスを受けてターンするところだったり、ワンタッチでヒールではたいたりするところだったり、周りがよく見えていて、凄くいい選手だなと思いますね」

 UEFAヨーロッパリーグではグループ2位につけており、DFBポカールでも次ラウンド進出を決めた。ブンデスリーガは上位陣が大混戦で、例年以上にこの先の行方がどうなるか分からない。チームを支える長谷部と鎌田、2人の活躍が今後も期待される。

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

page1 page2

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング