宮市亮が“日本人コンビ”を称賛 長谷部は「とんでもない人」、鎌田は「タレント性が…」

宮市亮(中央)はフランクフルトの“日本人コンビ”に賛辞を惜しまなかった【写真:Getty Images】
宮市亮(中央)はフランクフルトの“日本人コンビ”に賛辞を惜しまなかった【写真:Getty Images】

DFBポカールのフランクフルト戦後に直撃 ドイツ1部のクオリティーを実感

 ドイツ2部ザンクト・パウリの元日本代表MF宮市亮は、現地時間10月30日に行われたDFBポカール2回戦のフランクフルト戦(1-2)にメンバー入りこそしたものの、この日は出場することがなかった。試合後のミックスゾーンでは、明るい表情でチームのパフォーマンスについて満足気に語った後、「先々週打撲をして、この前ちょっと出て。明後日も試合があるんで、監督はローテーションしていくという話をミーティングで言っていた」とチーム事情を説明していた。

 元日本代表MF長谷部誠、日本代表FW鎌田大地という2人の日本人選手が在籍する1部チーム相手の試合に、出たい気持ちがないはずがない。だが、休養することも大切だ。9月16日のリーグ第6節ハンブルガーSVとのダービーマッチに2-0で勝利し、一気に上位進出を目論んでいたチームだが、代表中断期を挟み勝利から見放されている。

 それだけに次のリーグ戦が大事になる。そのことをよく理解している宮市は、「そうですね、相手もフランクフルトですし、去年ヨーロッパリーグで準決勝までいってますし。やりたかったですけど、切り替えて週末に持っていきたいです」と気持ちを切り替えていた。

 フランクフルトについて尋ねられると、「やっぱり個々のクオリティーは凄かったですし、特に長谷部選手はもう、とんでもない人だなと思いましたね。鎌田選手も初めて見ましたけど、本当にタレント性があるというか、タッチも細かいですし、凄くいい選手だと思っていたので。いいチームだと思います、本当に」と、2人の日本人選手の活躍ぶりを称賛していた。

 長谷部のどのあたりが“とんでもない”のか――その点を宮市にさらに聞いてみたところ、「やっぱりパス一つにしても、パススピードにしても落ち着きにしても。あの年齢で、もうすぐ36歳になると思うんですけど、まだフランクフルトの中心でリーダーとしてやっているというのは、とんでもないことだと思いますね」と重鎮の健在ぶりに舌を巻いていた。長谷部はこの日も3バックのセンターでフル出場。ザンクト・パウリの猛攻を冷静に凌いでみせた。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング